上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 高松高等裁判所 > 高松高等裁判所について > 高松高等裁判所長官


高松高等裁判所長官

 秋 葉 康 弘 (あきば やすひろ)

 (生年月日 昭和30年10月12日)

略歴

 昭和54年に裁判官に任命され,札幌,東京,那覇,仙台の各裁判所等で勤務しました。その後,司法研修所教官,仙台高等裁判所事務局長,東京地方裁判所部総括判事,福島地方裁判所長,東京高等裁判所部総括判事等を経て,平成30年8月,高松高等裁判所長官に就任しました。

ご挨拶

 これまで四国で勤務したことはありませんでしたが,四国の各県を訪れる機会があり,四国を巡る旅をしたいと思うほど,歴史薫る街や多彩な自然の風景美をとても魅力的に感じておりました。

 そのような地の裁判所の一員として,各地の実情を把握し,身近な裁判所として利用しやすい態勢をより一層充実させ,適切な司法サービスが円滑に提供できるよう今後も努めて参りたいと思っております。