上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 高松地方裁判所・高松家庭裁判所・香川県内の簡易裁判所トップページ > 高松家庭裁判所について > 高松家庭裁判所長


高松家庭裁判所長

画像準備中

辻󠄀 川 靖 夫 (つじかわ やすお)
昭和36年5月25日生
新潟県

略歴

昭和63年 4月 千葉地裁判事補
平成 2年 4月 大阪地裁判事補
平成 5年 4月 最高裁刑事局付
平成 7年 4月 東京地裁判事補
平成 9年 4月 盛岡地・家裁一関支部判事補
平成10年 4月 盛岡地・家裁一関支部判事
平成12年 4月 東京地裁判事
平成15年11月 司法研修所教官
平成20年 4月 札幌地裁判事(部総括)
平成23年 4月 最高裁調査官
平成27年 4月 東京地裁判事(部総括)
平成28年11月 東京家裁判事(部総括)
平成30年11月 高松家裁所長

ごあいさつ

平成30年11月1日付けで高松家庭裁判所長に就任いたしました辻川です。
 家庭裁判所は,家庭内の問題や非行がある少年の事件を取り扱う,国民の皆様にとって身近な裁判所と言えると思います。香川県を含む全国で家庭裁判所が設立されましたのは,昭和24年(1949年)1月ですから,平成31年1月で創設70周年となります。この間,社会や家庭の在りようが大きく変化する中で,家庭裁判所の果たす役割への期待もより高まってきていると感じています。私は,裁判所を利用される国民の皆様の声や社会からの家庭裁判所の役割への期待も受け止めて,より利用しやすく,そして,頼りにしていただける存在となるように,環境整備に努めてまいりたいと考えています。
家庭裁判所に申し立てられる家事事件は,近時,増加傾向にあります。特に,成年後見関係事件は,高齢化を背景として増加の一途をたどっていますが,この関係では,現在,国の成年後見制度利用促進基本計画に基づき,認知症がある高齢者等の権利の擁護を支援する地域連携ネットワークの構築などを通じて,同制度を利用者がよりメリットを実感できるものとすべく,様々な施策が進められているところです。高松家庭裁判所としても,香川県内の自治体や関係機関に対し,必要な協力をさせていただくとともに,その中で,司法機関である裁判所としての役割をしっかりと果たしていきたいと考えています。また,家事調停については,家族の在りようが変化していく中,法規範を前提としつつ,国民の意識の変化やニーズを的確に受け止めた,充実した調停を実現することができるように,努めていきたいと考えています。
 少年審判について,家庭裁判所では,非行があった少年に対して,保護観察や少年院送致などの保護処分や検察官送致を決めているだけでなく,処分の要否や内容を決める過程で,少年が非行を繰り返さないように,様々な形で教育的な働きかけを行っています(清掃活動,社会福祉施設での活動,ボランティアによる学習支援,被害者による講演など)。こうした活動への取組を含め,少年審判の非行防止機能をより高めることができるように,努めていきたいと考えています。