上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 東京家庭裁判所 > 東京家庭裁判所について > 東京家庭裁判所 大門所長


東京家庭裁判所長の紹介

田村幸一東京家庭裁判所長

東京家庭裁判所長

大門 匡(だいもん たすく)

(昭和30年10月19日生)

略歴

 昭和57年4月東京地裁判事補に任官して以来,東京を中心に仙台,大阪,兵庫県の明石支部で裁判実務を担当しました。この間,最高裁家庭局や大蔵省証券局で司法行政や行政にも従事いたしました。平成26年10月に東京地裁民事部所長代行者から千葉家庭裁判所長に,平成28年2月には横浜家庭裁判所長に異動し,この度,平成29年9月に東京家庭裁判所長を拝命しました。丁度東京湾岸を一周して戻ってきました。これまでの勤務先では,主に民事と家庭裁判所関係の様々な分野の仕事をして参りました。

ごあいさつ

 家庭裁判所は,家庭・家族に紛争や問題がなくとも,一般の方々が何らかの形で関わりを持つことがあり得ます。その意味で,行政機関にも似た身近な裁判所といえるでしょう。地方裁判所は,訴えを受けて,必要な過去の事実を認定し,それを基礎として,金銭の支払を命じたり,刑を科したりします。家庭裁判所も,申立てを受けて,過去の事実を必要な限り認定します。しかし,それにとどまらず,過去と現在を踏まえつつ,未来において夫婦・親子がどう在るべきか,罪と向き合いながら少年の更生をどのように図るべきかなどを調査・検討・判断し,関係者の調整をしたり,必要な決定をしたりしていきます。この意味で,私はかねがね家庭裁判所を「未来志向型の裁判所」と呼んだりしています。心理学等の行動科学の専門家である家庭裁判所調査官や医師・看護師である医務室技官が配置されていることも,このような特質によるものということができます。
 家庭裁判所には,少子高齢化やインターネット環境の大幅進展など社会状況を背景にした課題が沢山あります。例えば,成年後見制度や家事調停・人事訴訟制度の適正で円滑な運用を進め,減少はしているものの,特に重大な非行を少年が引き起こすことがないように,現在の少年の特質に即して再非行を防止し,児童虐待などの問題にも臨機応変に適切な対応をしていくことなどが要請されています。
 私は,千葉,横浜で家庭裁判所長として,色々な方々のお蔭をもちまして,これらの課題に対する的確な施策の実施について,少なからず寄与できたのではないかと思っております。この間,私事ながら,かけがえのない大きな心の支えを失ってしまいましたが,引き続き,様々な方々のお力添えをいただきながら,全国の家庭裁判所のセンターコートとも称される東京家庭裁判所においても,付託された役割を果たすため,なお微力を尽くす所存です。
 どうかよろしくお願い申し上げます。