上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 東京家庭裁判所 > 東京家庭裁判所について > 東京家庭裁判所 甲斐所長


東京家庭裁判所長の紹介

甲斐哲彦東京家庭裁判所長

東京家庭裁判所長

甲斐 哲彦(かい てつひこ)

(昭和30年12月15日生)

略歴

 昭和58年に裁判官に任官し,名古屋地裁,佐賀地家裁,札幌地裁,司法研修所などで勤務しました。近年の略歴は次のとおりです。

平成15年4月
札幌地方裁判所判事(部総括)
平成18年4月
札幌高等裁判所事務局長
平成22年4月
東京地方裁判所判事(部総括)
平成26年3月
函館地方・家庭裁判所長
平成27年2月
札幌家庭裁判所長
平成28年4月
札幌地方裁判所長
平成29年10月
東京高等裁判所判事(部総括)
平成30年8月
東京家庭裁判所長

ごあいさつ

 家庭裁判所は,世の中の変化を,最も早く,そして強く受ける裁判所だと思います。私は,これまで2か所の家裁所長を経験し,それを実感しています。そのような世の動きの中でも,家庭裁判所は,しっかりと地に足を付けて,着実に事件に向き合わなければ,国民の皆様の信頼を得ることはできないでしょう。東京家庭裁判所の責任者として,所属の職員とともに,国民の皆様の期待と信頼をいただけるよう,地道にいろいろな課題に取り組んでいくつもりですので,よろしくお願いします。