上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 東京簡易裁判所 > 裁判手続を利用する方へ > 民事保全


民事保全

東京簡易裁判所での民事保全手続について説明しています。

第1 東京簡易裁判所民事第8室保全係のご案内

  1. 場所
    東京都千代田区霞が関1-1-2
    東京家庭裁判所・簡易裁判所合同庁舎6階 民事第8室保全係
    電話番号03-3581-5258(直通)

  2. 受付時間
    午前8時30分から午後5時まで
    午前は11時30分まで,午後は1時から4時までにお越しください。保全命令申立ての場合,書類を確認するのに,30分から1時間程度の時間を要します。

第2 保全命令申立て

  1. 民事保全手続とは
       保全事件とは,民事訴訟の本案の権利(貸金返還請求権など)の実現を保全するために行う仮差押えや仮処分の手続のことをいいます。
       例えば,仮差押命令の申立ては,裁判を起こす前に,相手方の不動産や預金などの財産を前もって仮に差し押さえ,将来の回収を容易にする手続です。

  2. 民事保全手続の流れ
  3. 保全命令申立ての必要書類等 (不動産仮差押命令申立事件   債権仮差押命令申立事件

    <書面作成上の注意>
     A4判縦の用紙に,横書きで作成してください。
     申立て後の補正や立担保証明時の書類提出のために,自分用の控えも残しておいてください。
     手続を通じて同じ印鑑(認印も可)を使用してください。

第3 保全命令申立ての取下げ

  1. 保全命令申立ての取下げとは,債権者が保全命令の効果を遡及的に消滅させるための手続です。
  2. 保全命令申立ての取り下げの必要書類等
  3. 保全命令申立ての取り下げについてのQ&A(よくある問い合わせについて)

第4 担保取消し

  1. 担保取消しとは,担保提供者が提供した担保を取り戻したいときに,民事訴訟法79条各項の事由を証明して,裁判所に担保の取消しを求める手続です。
  2. 担保取消しの必要書類等

第5 書式一覧

  1. 不動産仮差押命令申立書,当事者目録,請求債権目録(連帯保証),物件目録(土地建物) 【記載例 (PDF:196KB)】
  2. 請求債権目録(売買代金)【記載例 (PDF:87KB)】
  3. 請求債権目録(賃金)【記載例 (PDF:56KB)】
  4. 請求債権目録(請負代金)【記載例 (PDF:64KB)】
  5. 物件目録(マンション)【記載例 (PDF:63KB)】
  6. 債権仮差押命令申立書,当事者目録,請求債権目録(貸金),仮差押債権目録(預金) 【記載例 (PDF:188KB)】
  7. 陳述書 【記載例 (PDF:71KB)】
  8. 第三債務者に対する陳述催告の申立書 【書式 (PDF:89KB)】
  9. 登記権利者・義務者目録(保全用)【記載例 (PDF:60KB)】
  10. 受領書 【書式 (PDF:75KB)】
  11. 送達延期の上申書 【書式 (PDF:87KB)】
  12. 取下書(不動産仮差押命令申立事件)【書式 (PDF:77KB)】
  13. 取下書(債権仮差押命令申立事件)【書式 (PDF:76KB)】
  14. 登記権利者・義務者目録(取下げ用)【記載例 (PDF:82KB)】
  15. 担保取消申立書 【書式 (PDF:93KB)】
  16. 供託原因消滅証明申請書 【書式 (PDF:83KB)】
  17. 同意書 【書式 (PDF:73KB)】
  18. 即時抗告権放棄書 【書式 (PDF:64KB)】