上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 東京地方裁判所 > 東京地方裁判所について > 東京地方裁判所長の紹介


東京地方裁判所長の紹介

東京地方裁判所長 安浪亮介

東京地方裁判所長

安浪 亮介 (やすなみ りょうすけ)
(昭和32年4月19日生)

 

経歴 

 昭和58年に裁判官に任官し,東京地裁,広島地裁,最高裁行政局,最高裁広報課兼秘書課,神戸地裁などで勤務しました。近年の略歴は次のとおりです。

平成17年4月  東京地方裁判所判事(部総括)
平成19年5月  東京高等裁判所事務局長
平成22年4月  東京地方裁判所判事(部総括)
平成23年1月  最高裁判所人事局長
平成26年9月  静岡地方裁判所長
平成28年2月  東京高等裁判所判事(部総括)
平成30年1月  東京地方裁判所長

ご挨拶

 この度,東京地方裁判所長に就任した安浪です。
 東京地方裁判所には,多種多様な事件が数多く係属しています。当事者の主張をしっかり聞き,証拠に基づいて適正かつ迅速に判断を示すことが求められています。複雑な事案や専門性の高い事案も増えており,裁判官及び裁判所職員一同,質の高い裁判の実現を目指し,国民の皆様の期待に応えられるように全力を尽くしていかなければならないと考えます。
 平成21年5月に始まった裁判員裁判も,今年,施行から10年目を迎えます。おかげさまで,国民の皆様のご理解とご協力のもと,裁判員の方々の高い意識と誠実な姿勢に支えられ,概ね安定した運用が行われているものと理解していますが,私どもは,さらに検討と工夫を重ねていく必要があります。
 今後とも,国民の皆様が利用しやすく,そして,信頼される裁判所となるように努力してまいりますので,ご支援とご協力を賜りますよう,お願い申し上げます。