上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 東京地方裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 民事第9部(保全部)紹介 > 不服の申立て等(保全異議,保全取消し,保全抗告)


8. 不服の申立て等(保全異議,保全取消し,保全抗告)

ア.保全命令に対する不服申立て等の手続

 保全異議・保全取消し(民事9部取消係で受付)・保全抗告(14階当庁民事事件係で受付)

 保全命令に対する不服申立てには,発令裁判所が担当する保全異議と保全取消しがあり,その決定に対する不服申立てとして保全抗告があります。

 ただし,保全取消しの申立てのうち,事情の変更による保全取消し及び特別の事情による保全取消しの場合は,発令裁判所又は本案の裁判所のいずれかに申し立てることができます。

 これらの申立てをする場合,保全異議,保全取消しについては収入印紙500円,保全抗告については収入印紙3000円と,それぞれ次項の郵便切手が必要です。

イ.【郵便切手内訳】

【表9】

郵便切手内訳