上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 東京地方裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 書類 及び 電磁データ の提出について


書類 及び 電磁データ の提出について

(東京地裁知的財産権部)

 東京地裁知的財産権部(29,40,46,47部)では,迅速かつ円滑な審理を促進するため,書類及び電磁データの提出について,次のような御協力をお願いしています。

1. 提出書類の通数

 正本(訴訟記録用,1通)及び副本(相手方用,相手方数分の通数)のほかに,裁判官手控えなどへの利用のため,次の通数の写しの提出をお願いします。

【訴訟事件】

訴状,答弁書,準備書面,証拠説明書,書証

特許権,実用新案権,プログラム著作権,回路配置利用権に関する事件 4通

それ以外の事件 3通

【保全事件】

申立書,答弁書,主張書面,証拠説明書,書証

特許権,実用新案権,プログラム著作権,回路配置利用権に関する事件 2通

それ以外の事件 1通

※注意事項:CD-R,書籍そのもの,多数の刊行物,その他大部な書証などは,写しが不要な場合もありますので,担当書記官に確認してください。

2. 電磁データの提出

 次の書面の提出の際には,当該書面に記載した情報の内容を記録してある電磁データも併せて提出するようお願いします(民事訴訟規則3条の2参照)。

対象

1. 訴状,答弁書
2. 保全命令申立書
3. 準備書面,主張書面

※注意事項:電磁データの提出だけでは,書面の正式提出にはあたりません。

3. 書類の提出方法

 訴状正本・副本は,民事訟廷事務室事件係(14階)に,保全命令申立書正本・副本は,知的財産権部保全受付(3階に案内表示があります。)に,それぞれ提出してください。

 そのほかの書類の提出については,次のとおりに行うようお願いします。

正本・写し

担当部へ直接持参されるか,又は担当部あてに郵送してください。

副本

1. 相手方当事者(代理人)に直送してください(訴え変更申立書等の送達を要するものを除く。)。直送することができない場合は,正本とともに副本を担当部に提出してください。
2. 正本の1枚目右下部に「副本直送」と記載し,代理人又は本人の印を押してください。

ファクシミリの利用

1. 早急に裁判所に提出する必要のある書類や期日請書,受領書については,ファクシミリを利用してください。
2. ファクシミリを利用する際は,ファクシミリ送信書に事件番号,次回期日,送信者等の必要事項を記入の上,送信してください。
3. 答弁書,準備書面,主張書面,証拠説明書,書証については,ファクシミリで送信した場合でも,改めて,クリーンコピーの正本と写しを提出してください。

4. 電磁データの提出方法

 電磁データは,フロッピーディスク,CD-R等の記録媒体に記録して,提出してください。提出に当たって不明な点がある場合は,事前に担当書記官に相談してください。

東京地裁知財部の各部の直通電話番号とFAX番号

  • 29部
    【直通電話番号】
    03-3581-3569
    【FAX番号】
    03-3592-8361
  • 40部
    【直通電話番号】
    03-3581-3570
    【FAX番号】
    03-3580-0026
  • 46部
    【直通電話番号】
    03-3581-3571
    【FAX番号】
    03-3580-7564
  • 47部
    【直通電話番号】
    03-3581-3572
    【FAX番号】
    03-3592-8371