上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 富山地方裁判所・富山家庭裁判所 > 富山地方・家庭裁判所について > 富山地方・家庭裁判所長


富山地方・家庭裁判所長

富山地方・家庭裁判所長

北澤 純一(きたざわ じゅんいち)

【略歴】

 昭和62年4月から平成15年9月まで東京弁護士会に所属して弁護士をしておりましたが,平成15年10月に裁判官に任官しました。
 その後の略歴は次のとおりです。
 平成15年10月   東京地方裁判所判事・東京高等裁判所判事職務代行
 平成16年 4月   東京高等裁判所判事
 平成17年 4月   東京地方裁判所判事
 平成19年 4月   さいたま地方,家庭裁判所越谷支部判事
 平成22年 4月   東京高等裁判所判事
 平成25年 4月   岡山地方,家庭裁判所判事(部総括)
 平成28年 4月   東京地方裁判所判事(部総括)
 平成30年 7月1日 富山地方,家庭裁判所長

【御挨拶】

 平成30年7月1日付けで富山地方・家庭裁判所長に就任しました。昭和61年の司法修習生(長野)時代に立山黒部アルペンルートを辿って宇奈月温泉に入った思い出があり,弁護士時代には高岡に何度か出張した折も当地を楽しませていただきましたが,裁判所での勤務は初めてとなります。
 全国的に大都市への集中が強まり,地方における人口減少や住民の超高齢化が進む中で,歴史と伝統のある当地も同様の問題を抱えているようです。裁判所が扱う民事,刑事,家事,少年事件等にも,多くの点で昔とは異なる質的な変化がみられます。平成21年5月から始まった裁判員制度もまもなく10年を迎えます。今後は民事裁判を含めた裁判実務でもIT化が進んでいくことでしょう。裁判所のあるべき不変な姿を大切にしながら,新しい問題について考えるのに,当地は絶好の場所であると感じます。
 皆様のご信頼に応えるべく,力を尽くしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

【趣味】

 読書と散策です。