上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 富山地方裁判所・富山家庭裁判所 > 裁判手続きを利用する方へ > 手続案内 > 任意後見監督人選任の申立て


任意後見監督人選任の申立て

任意後見監督人制度とは

 任意後見制度は,本人に十分な判断能力があるうちに,将来,判断能力が不十分な状態になった場合に備えて,あらかじめ自らが選んだ代理人(任意後見人)に,自分の生活,療養看護や財産管理に関する事務について代理権を与える契約(任意後見契約)を,公証人の作成する公正証書によって結んでおくものです。
 そして,本人の判断能力が低下した場合は,家庭裁判所で任意後見監督人が選任されて,初めてその効力が発生します。
 ただし,成年後見人等と同様,誰を任意後見監督人に選任するかは,家庭裁判所が判断します。

申立て書式