上メニューへスキップ  右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)





メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 各地の裁判所 > 和歌山地方裁判所・和歌山家庭裁判所 > 和歌山地方・家庭裁判所について > 和歌山地方裁判所・和歌山家庭裁判所長


和歌山地方裁判所・和歌山家庭裁判所長

和歌山地方裁判所・和歌山家庭裁判所長

和歌山地方裁判所・和歌山家庭裁判所長

清水 響(しみず ひびく)

(生年月日 昭和35年10月26日生)

略歴

 昭和63年4月に任官し,東京地裁,旭川地家裁,福島地家裁郡山支部,東京高裁等に勤務しました。その間,法務省や外務省に出向していたこともあります。裁判所では主に民事事件を担当していました。近年の略歴は,次のとおりです。

 平成21年4月 福島地方家庭裁判所郡山支部長
 平成24年4月 東京高等裁判所判事
 平成24年12月 東京地方裁判所判事(部総括)
 平成29年4月 東京高等裁判所判事
 平成30年1月 横浜地方家庭裁判所川崎支部長
 平成31年1月 和歌山地方家庭裁判所長

ご挨拶

 裁判官に任官してから関西で勤務するのは初めてですが,もともとは京都生まれで,中学の途中で奈良に転居した後,奈良の県立高校を出て上京するまでは奈良に住んでいました。和歌山県には,家族旅行で何回か訪れたことがあります。古い歴史と伝統があり,美しい風景と自然に恵まれた和歌山に勤務する機会を与えられたことを大変嬉しく感じています。

 情報技術の進歩,価値観の多様化など変化する社会の中で,司法に対する皆様の信頼と期待に沿うことができるよう,精一杯努力したいと思いますので,よろしくお願い申し上げます。