不動産競売の申立てをされる方へ

不動産競売手続の中で最もよく利用されている強制競売手続と担保不動産競売手続について説明します。

1 強制競売手続

 強制競売手続とは,債権者が勝訴判決などの債務名義を有しているにもかかわらず,債務者がお金を支払ってくれないときに,その債務名義に基づいて債務者の所有する不動産を差し押さえ,これを競売(広く買受けの申出を行わせ,最高の価額で申出をした者に売るという売買方法)により換価してその換価代金から債権を回収する手続です。

2 担保不動産競売手続

 担保不動産競売手続とは,債権者が債務者(所有者)の不動産に抵当権などの担保権を有しているときに,これを実行して競売により当該不動産を換価してその換価代金から債権を回収する手続です。強制競売手続と異なり,判決などの債務名義は不要です。

 なお,担保不動産競売手続も,強制競売手続と比較して債務名義を必要とするか否かの違いはありますが,申立後の手続はほぼ同じです。

不動産競売手続の申立てに必要な書類等の詳細は次のとおりです。