茨城県医事関係訴訟連絡協議会規約

第1章 総則

(名称)

第1条 本会は,「茨城県医事関係訴訟連絡協議会」(以下「協議会」という。)と称する。

(目的)

第2条 協議会は,茨城県内の医療機関,茨城県弁護士会及び水戸地方裁判所の三者間において,医事に関する民事訴訟(医事関係訴訟)について,適正かつ迅速な審理を実現するための運営方策等を検討するとともに,相互の理解を深め,協力関係を推進することを目的とする。

(活動)

第3条 協議会は,前条の目的を達成するため,次の各号に掲げる活動を行う。

  • 医事関係訴訟について適正かつ迅速な解決を図るための運営方策一般に関する検討
  • 医事関係訴訟における公正で速やかな鑑定手続の在り方に関する検討
  • 医事関係訴訟に関する医学界及び法曹界の相互理解と協力の推進
  • その他,医事関係訴訟の運営改善のために必要と認められる活動

第2章 委員

(会員)

第4条 協議会は,次の各号に掲げる者を委員として組織する。委員は水戸地方裁判所長が委嘱又は任命する。

  • 医療機関
     各病院の院長,副院長又はそれに相当する者で,筑波大学附属病院3人,東京医科大学茨城医療センター3人,茨城県立医療大学付属病院2人,国立病院機構水戸医療センター1人,国立病院機構霞ヶ浦医療センター1人,茨城県立中央病院1人
  • 弁護士会
     茨城県弁護士会に所属する弁護士で,同弁護士会長が推薦する者3人
  • 裁判所
     水戸地方裁判所長及び同裁判所に所属する裁判官3人

2. 委員の任期は1年とし,毎年4月1日から翌年3月31日までとする。
   ただし,再任を妨げない。

第3章 役員

(役員)

第5条 協議会に,次の役員を置く。

  • 委員長 水戸地方裁判所長とする。
  • 副委員長 委員長が医療機関及び弁護士会の委員の中から若干名を指名する。

第4章 定例会

(定例会の構成)

第6条 定例会は,協議会の委員をもって構成する。ただし,委員に支障がある場合は,代理の者を出席させることができる。

(定例会の開催及び活動)

第7条 定例会は,定期的に開催し,協議会の目的に沿った活動を行う。

第5章 事務局

(設置及び任務)

第8条 協議会の庶務は,水戸地方裁判所において処理する。

附則
この規約は,平成16年4月1日から施行する。

附則
この規約は,平成17年7月7日から施行する。

附則
この規約は,平成19年3月7日から施行する。

附則
この規約は,平成21年6月10日から施行する。

  1. 水戸地方裁判所について
    1. 水戸地方裁判所の紹介
      1. 水戸地方裁判所の沿革史概要
      2. 水戸地方裁判所管内の裁判所の沿革史概要
    2. 水戸地方裁判所長
    3. 管内の裁判所の所在地
      1. 水戸地方裁判所
      2. 水戸簡易裁判所
      3. 水戸地方裁判所 日立支部日立簡易裁判所
      4. 水戸地方裁判所 土浦支部土浦簡易裁判所
      5. 水戸地方裁判所 龍ケ崎支部龍ケ崎簡易裁判所
      6. 水戸地方裁判所 麻生支部麻生簡易裁判所
      7. 水戸地方裁判所 下妻支部下妻簡易裁判所
      8. 笠間簡易裁判所
      9. 常陸太田簡易裁判所
      10. 石岡簡易裁判所
      11. 取手簡易裁判所
      12. 下館簡易裁判所
      13. 古河簡易裁判所
    4. 委員会
      1. 茨城県医事関係訴訟連絡協議会規約
      2. 水戸地方裁判所委員会委員
    5. 広報活動
      1. DVD等貸出のご案内
      2. 出前講義のお知らせ
    6. お知らせ
      1. 裁判所構内駐車場の利用について
      2. 水戸地方裁判所管内不動産競売事件情報ファクシミリ提供システムの廃止についてのお知らせ
      3. 水戸地方裁判所日立支部不動産執行事件の本庁への集約についてのお知らせ
      4. 大学における採用試験説明会
      5. 同廃・管財振り分け基準の変更等について
      6. 募集要項
      7. 平成元年度執行官採用選考(水戸地裁)について
      8. 新型コロナウイルス感染拡大防止のための裁判事務の取扱いについて
    7. 司法行政文書の管理
      1. ファイル管理簿
      2. 標準文書保存期間基準(保存期間表)
    8. 水戸地裁管内のバリアフリー情報
    9. 障害者雇用の推進