成年後見制度の概要

 成年後見制度は,認知症・知的障害・精神障害などのために,自分の財産を管理したり,治療や介護を受ける契約を結んだりする能力がない,または不十分な方を援助することを目的としています。そのため,寝たきりで外出できないとか,目が不自由で文字が書けないものの判断能力はあるといった人の場合は,この制度の対象者とはなりません。

 家庭裁判所は,本人の能力に応じて,成年後見人,保佐人,補助人等,本人を援助するのにふさわしい人を選任します。申立てについては,留意していただく事項があります。

 詳しくは,以下のページを参考にしてください。