期日等の実施に当たっての感染防止対策について(那覇家庭裁判所)

 那覇家庭裁判所(支部を含む。)では,新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から以下のような対応を行っておりますので,御理解と御協力をお願いします。
1 家事事件及び少年事件ついて
 ・調停室や面接室では,飛沫感染防止のためのシールドを設置したり間隔を開けて着席したりしています。また,窓を開けたり,扉を一定時間ごとに開放したりするなどし,換気効率を上げています。
 ・臨時の待合室を設けているほか,待合室や法廷(傍聴席)での着席に際して,人と人との間隔を空けることをお願いしており,ソーシャルディスタンスの確保に取り組んでいます。
 ・家事手続案内については,入室できる人数を制限している場合があるため,ご案内までに時間がかかることがあります。
 ・手続の概要や申立書式は,ホームページでご確認いただきますようお願いいたします。

2 共通する感染防止策について
 ・職員はマスクを着用して対応し,窓口や執務室において飛沫防止策を講じています。
 ・来庁する皆さまにも,マスクの着用をお願いいたします。また,庁舎内においても,咳エチケットや手洗いの励行などのご協力をお願いいたします。
 ・来庁前に,検温していただき,発熱等の症状がある場合には,来庁をお控えください。
 ・期日に出席するために来庁を予定されている場合でも,発熱その他の症状があるときや,体調が良くないときには,ご無理をなさらないで,来庁前に担当書記官又は担当調査官までご連絡ください。期日の変更等を検討いたします。
 また,基礎疾患をお持ちなどの理由で来庁することに不安のある方につきましても,上記同様に,担当書記官又は担当調査官までご相談ください。

※ 今後,状況等の変化に伴い,内容等を変更することがありますので,予めご了承ください。