傍聴席の利用について

 大阪家庭裁判所では、新型コロナウイルス感染症の感染防止対策として法廷の傍聴席の利用を50パーセント程度(1席空け)としていましたが、専門家による助言も踏まえ、5月30日から全席利用としました。
 裁判を傍聴される方は、引き続き、感染防止対策として、不織布マスクの着用をお願いします。
 なお、傍聴席において、発言をし、又は、マスクを着用しないで継続的に咳・くしゃみをするなど、審理の妨げになるときは、裁判官の判断により退廷していただく場合がありますので、あらかじめ御承知おきください。

(関連ページ)
新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた裁判業務について