新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた大阪家庭裁判所における裁判業務について

トップ > 各地の裁判所 > 大阪地方裁判所/大阪家庭裁判所/大阪府内の簡易裁判所 > 大阪家庭裁判所について > お知らせ > 新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた大阪家庭裁判所における裁判業務について

令和3年9月13日  

 大阪家庭裁判所を利用される皆様へ

大阪家庭裁判所

新型コロナウイルス感染症への対応を踏まえた大阪家庭裁判所における裁判業務について

 大阪家庭裁判所(堺支部及び岸和田支部を含む。)では,裁判所に来庁される皆様に御安心いただけるよう,専門家による助言を踏まえた感染防止対策を徹底した上で,今後も引き続き,原則として,通常どおり裁判業務を継続します。
 個別の事件によっては,裁判所から,当事者が出頭しなくても審理を進めることができる電話会議の期日への切り替えや,出頭して行う手続においても,出頭する人の数を極力減らしていただくようお願いすることがありますので,引き続き皆様の御理解と御協力をお願いいたします。また,マスクの着用や咳エチケットなど,基本的な感染防止対策への御協力も重ねてお願いいたします。
 事件関係者の皆様においては,期日のために,遠方からお越しになる場合や来庁に不安がある場合には,柔軟に対応いたしますので,担当書記官又は担当調査官まで御連絡ください。
 なお,これまで同様,当裁判所の利用に当たっては,次のとおり,御理解と御協力をお願いいたします。
1 家事事件について
・ 家事手続案内は,個室による面談は,原則休止しています。各種手続の概要や申立て等の書式,必要な手数料(収入印紙),予納郵便切手,戸籍謄本等の添付書類については,本サイトの「裁判手続案内」や「大阪家庭裁判所の手続案内」に記載がありますので,できる限りこれを参照してください。
・ 調停室等では,飛沫感染防止のためのシールドを設置するとともに,定期的な換気を行っています。
・ いわゆる「3密」を避ける観点から,臨時の待合室を設けるなどしています。また,待合室や法廷の傍聴席では,人と人との間隔を空けての着席をお願いしています。
2 少年事件について
・ 少年事件については,担当部等から特に連絡がない限り,感染防止対策を十分に講じた上で,予定どおり審判期日,調査等を実施しています。
3 共通する感染防止対策について
・ 職員はマスクを着用して対応しています。また,窓口や執務室においても飛沫防止策を講じています。
・ 来庁する皆様にも,マスクの着用をお願いいたします(裁判所では,ウイルスの飛散抑止に効果が高いとされる不織布マスクの着用の御協力をお願いしております。)。また,庁舎内においても,咳エチケット,手洗い・手指消毒の励行等の御協力をお願いいたします。
・ 来庁に当たっては,検温の上,発熱等の症状がある場合には来庁をお控えください
  期日に来庁される場合で,発熱等の症状がある,体調不良であるなどの理由で,来庁に当たり不安がある方は,無理をされることなく,来庁前に担当書記官又は担当調査官に電話等で連絡してください。期日の変更等を検討いたします。
  なお,連絡先が分からない場合は,本サイトの「窓口案内」を御覧ください。
※ 今後,状況等の変化に伴い,内容等が変更される場合がありますので,御了解ください。