大阪家庭裁判所における新型コロナウイルス感染症への対応について

トップ > 各地の裁判所 > 大阪地方裁判所/大阪家庭裁判所/大阪府内の簡易裁判所 > 大阪家庭裁判所について > お知らせ > 大阪家庭裁判所における新型コロナウイルス感染症への対応について

大阪家庭裁判所(支部を含む。)では,緊急事態宣言の解除に伴い,縮小していた業務を再開しておりますが,新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,引き続き,次のとおりの対策をとっています。御理解と御協力をお願いします。

・家事手続案内は,個室による面談は,原則休止しています。各種手続の概要や申立て等の書式,必要な手数料(収入印紙),予納郵便切手,戸籍謄本等の添付書類については,本サイトの「裁判手続案内」や「大阪家庭裁判所の手続案内」に記載がありますので,できる限りこれを参照してください。
・法廷の傍聴席や待合室では,間隔を空けて着席をお願いしています。傍聴席数が通常より大幅に減少しています。
・換気のため,事件関係室等の窓・扉を開放することがあります。
・職員はマスクを着用して対応しています。また,窓口や事件関係室においても,飛沫防止策を講じています。
・来庁する際は,マスクの着用,手洗い・手指消毒の励行をお願いします。また,検温の上,発熱等の症状がある場合には来庁をお控えください
・期日に来庁される場合で,発熱等の症状があるときは,期日の変更の検討を要しますので,事前に電話で御連絡ください。このほか,期日に来庁されることについて,不安な点がありましたら,遠慮なく御相談ください。

(令和2年7月13日現在の情報です。)