最高裁において関与した主要な裁判(池上裁判官)(令和2年)

トップ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 最高裁判所について > 最高裁判所の裁判官 > 最高裁において関与した主要な裁判(池上裁判官)(令和2年)

最高裁において関与した主要な裁判(令和2年)一覧
事件名・事件番号
裁判年月日・法廷
判示事項結果意見
婚姻費用分担審判に対する抗告審の取消決定に対する許可抗告事件
平成31年(許)第1号
令和2年1月23日
(第一小法廷・決定)
婚姻費用分担審判の申立て後に当事者が離婚した場合における婚姻費用分担請求権の帰すう破棄差戻全員一致
詐欺,窃盗,詐欺未遂被告事件
平成29年(あ)第2073号
令和2年1月23日
(第一小法廷・判決)
犯罪の証明がないとして無罪を言い渡した第1審判決を控訴裁判所が何ら事実の取調べをすることなく破棄し有罪の自判をすることと刑訴法400条ただし書破棄差戻全員一致
児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律違反被告事件
平成29年(あ)第242号
令和2年1月27日
(第一小法廷・決定)
1 児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成26年法律第79号による改正前のもの)2条3項にいう「児童ポルノ」の意義
2 児童買春,児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律(平成26年法律第79号による改正前のもの)7条5項の児童ポルノ製造罪の成立と児童ポルノに描写されている人物がその製造時点において18歳未満であることの要否
棄却全員一致
不動産取得税賦課決定処分取消請求事件
平成31年(行ヒ)第99号
令和2年3月19日
(第一小法廷・判決)
固定資産評価基準により隣接する2筆以上の宅地を一画地として認定して画地計算法を適用する場合における各筆の宅地の評点数の算出方法破棄自判全員一致
地方自治法251条の5に基づく違法な国の関与(裁決)の取消請求事件
令和元年(行ヒ)第367号
令和2年3月26日
(第一小法廷・判決)
公有水面埋立法42条1項に基づく埋立ての承認と行政不服審査法7条2項にいう「固有の資格」棄却全員一致
賃金請求事件
平成30年(受)第908号
令和2年3月30日
(第一小法廷・判決)
歩合給の計算に当たり売上高等の一定割合に相当する金額から残業手当等に相当する金額を控除する旨の定めがある賃金規則に基づいてされた残業手当等の支払により労働基準法37条の定める割増賃金が支払われたとはいえないとされた事例破棄差戻全員一致
終局決定変更申立て却下決定に対する抗告棄却決定に対する許可抗告事件
令和元年(許)第14号
令和2年4月16日
(第一小法廷・決定)
ハーグ条約実施法の規定する子の返還申立事件に係る家事調停における子を返還する旨の定めと同法117条1項の類推適用破棄差戻全員一致
(裁判長)