「法の日」フェスタ最高裁判所法廷見学会を開催しました。

トップ > 各地の裁判所 > 最高裁判所 > 見学・傍聴案内 > 最高裁判所の庁舎見学 > 「法の日」フェスタ最高裁判所法廷見学会を開催しました

最高裁判所では,10月1日から10月7日の「法の日」週間を記念して,10月5日(土)に法廷見学会を開催しました。当日は,30度を超える暑さにもかかわらず,幅広い世代の方々に御参加いただきました。ここでは,御参加いただいた方の感想とともに一部を御紹介します。

大法廷の見学

自然の光をふんだんに取り込む造りの吹き抜けや花崗岩を使用した壁など,大法廷の特徴を紹介しました。「自然の光を取り入れるところや石の壁がとてもすごくて感動しました」というのは,小学生の参加者の感想です。
写真は,照明点灯時と消灯時の様子です。大きな吹き抜けから差し込む光の明るさには,皆さん驚かれたようです。

写真:大法廷照明点灯時の様子

写真:大法廷消灯時の様子

判決言渡し体験,法服を着用して記念撮影

法服を着て大法廷の裁判官席に座り,判決主文を読み上げる言渡し体験では,小学生から大人の方まで,堂々と読み上げていました。多くの方に「貴重な体験」と感じていただいたようでした。

写真:判決言渡し体験の様子1

写真:判決言渡し体験の様子2

クイズ

最高裁判所の裁判や法廷にちなんだ問題,今年5月21日に10周年を迎えた裁判員制度に関する問題など全6問のクイズを実施しました。裁判所書記官になるための研修に関するものなど,難問も含まれていましたが,見事全問正解の参加者もいらっしゃいました。

写真:クイズ参加者の様子

見学会では,その他にも,展示コーナーで世界の法服や職業紹介パネルを御覧いただいたり,質問コーナーで裁判官に直接御質問いただいたりしました。

写真:見学会の展示コーナーの様子

写真:見学会の質問コーナーの様子

今回の法廷見学会について,参加者の皆さんからは,「法律や司法についてさらに興味が深まりました」「裁判所が身近に感じられました」「また機会があれば,友人を誘って参加したいと思います」という感想をいただきました。法廷見学会が法の役割や重要性について,少しでも考えていただくきっかけになったのであれば,嬉しく思います。

各地の裁判所においても,趣向を凝らした「法の日」記念行事を開催しております。ぜひ御参加いただき,この機会に法を身近に感じてみませんか?