大法廷web見学ツアー(傍聴席)

傍聴席

写真:傍聴席

これは,裁判を見る人が座る傍聴席ぼうちょうせきだね。いっぱい並んでるから,法廷に入ったときはびっくりしたよ!
何席ぐらいあるのかな。

イラスト:ナビスケ

大法廷の傍聴席は,全部で166席あるんじゃ。さらに,新聞記者の人たちが座る記者席も,傍聴席の両側に42席あるんじゃよ。
最高裁判所の大法廷は,日本で一番大きい法廷じゃから,傍聴席も多いんじゃよ。

イラスト:バンバンおじいちゃん

ということは,全部で208席!
最高裁判所は,たくさんの人が傍聴に来るような重要な裁判が開かれることが多いもんね。
傍聴席からは,裁判官席とかがよく見えるよ。

イラスト:ナビスケ

そうじゃな。
さてさて,法廷の中は全部見れたかな。どうじゃ,裁判所の見学は楽しかったかな。

イラスト:バンバンおじいちゃん

ありがとう!おじいちゃん!
おかげで最高裁判所のことがよく分かったよ。みんなも楽しんでくれたかな!

イラスト:ナビスケ

それじゃぁ,大法廷見学ツアーはここまでじゃ!
最後に,最高裁判所クイズに挑戦してみよう!今までツアーに参加してくれたみんななら,きっと分かるはずじゃよ。ぜひやってみておくれ。

イラスト:バンバンおじいちゃん

帰る前にちょこっとおまけ 最高裁判所の正義像

これは,最高裁判所の大ホールにある「正義」像だよ。この像は,圓鍔勝三えんつばかつぞうさんという人が,ギリシャ神話の法の女神テミスをイメージして作られた作品なんだ。左手には天秤てんびんを,右手にはけんを持っているんだ。天秤は,公平や平等を表していて,剣は,公平な裁判によって正義を実現するという強い意思や力を表していると言われているんだ。テミス像のデザインにはいくつか種類があって,目隠しをしているものや,天秤を右手に持っているものなどいろいろあるんだよ。最高裁判所のテミス像は,目隠しをしていないデザインなんだ。

写真:テミス像