FAQ ~住居加算申請を検討の方へ~

平成28年10月3日(月)までに基本額の申請をしましたが,今後,実務修習の開始に伴い,実務修習地に通うための住居を借りようと思います。平成29年1月16日(月)交付分から住居加算を受けるためには,いつまでにどのような手続をしたらよいですか。
平成28年11月29日(火)から同年12月27日(火)まで必着で,修習資金の額の変更申請書及び賃貸借契約書写しを司法研修所総務課人事係宛て送付してください。この契約書については,賃借期間中であることはもちろん,実際に実務修習地に通うための住居についての契約書である必要があります。
実務修習の開始に伴い,修習資金貸与を受けようと思いますが可能でしょうか。
可能です。貸与申請は随時受け付けています。実務修習の開始に伴い平成29年1月16日(月)交付分から貸与を希望する場合は,平成28年11月29日(火)から同年12月27日(火)まで必着で,修習資金貸与申請に関する書類を司法研修所総務課人事係宛て送付してください。
導入修習中,司法研修所に通うための住居を借り受けていることを理由として住居加算を受けていましたが,実務修習地に通うための住居においても引き続き住居加算を受けるためにはどうしたらよいですか。
導入修習から引き続いて,実務修習においても住居加算を受ける場合には,実務修習期間における加算要件を確認しますので,実務修習地に通うための住居の賃貸借契約書写しを司法研修所総務課人事係宛て送付してください。なお,導入修習中の住居から実務修習地に通うことができる場合には,新たな手続は必要ありません。
契約書上の賃借人名義が本人ではないものの,本人が家賃を負担している場合は,契約書の写し及び申述書に加え,通帳の写し等本人が家賃を負担していることを証する書面を提出するとなっていますが,具体的にはどのようなものを提出したらよいですか。
本人が賃借名義人又は賃貸人に家賃を支払ったことがわかる通帳の写し又は領収書を提出してください。通帳の写しを提出する場合には,通帳の表書き(名義部分)及び当該取引履歴箇所の写しを提出してください。
 また,家賃を負担していることを証する書面は,通帳の写し等に代えて,賃借名義人の申述書とすることができます。例えば,契約時に賃借名義人により敷金礼金等と併せて家賃を支払っているが,実際には本人が家賃を負担している場合には,契約時から本人が家賃を負担している旨の賃借名義人の申述を,本人が家賃を負担していることを証する書面として提出することができます。
  1. 司法研修所
    1. 司法研修所について
    2. 裁判官研修
    3. 司法修習
      1. 新司法試験
      2. 司法修習の特徴と司法修習生
      3. 新司法修習について
    4. 司法修習終了証明申請について
    5. 司法修習生採用選考(R1-2)
    6. 司法修習生の修習資金の貸与等について(第70期以前)
      1. 修習資金交付日一覧(第69期)
      2. FAQ ~これから貸与を受ける方へ~
      3. FAQ ~貸与期間中の方へ~
      4. FAQ ~その他 貸与制に関連する事項~
      5. ガイド ~据置期間・返還期間中の手続について~
      6. 提出書類等 ~据置期間・返還期間中の手続について~
      7. FAQ ~据置期間・返還期間中の方へ~
      8. 「住所等の届出」又は「変更事項の届出」を電子メールにより届け出る際の注意事項
      9. 住所等の届出の記載事項
      10. 届出事項に変更があった場合の記載事項
      11. 自然人の保証人に生じた事由を届け出る場合の記載事項
      12. 司法修習生に対する修習資金の貸与制の概要
      13. 修習資金交付日一覧(第70期)
      14. 「住所等の届出」及び「変更事項の届出」の電子メールによる届出の取扱開始について
      15. 修習資金貸与要綱の一部改正について
      16. 裁判所法(平成29年法律第23号による改正前)
      17. 振込口座として指定できない金融機関一覧
      18. 修習資金の貸与を申請する司法修習生又は貸与期間中の司法修習生へ
      19. 申請必要書類一覧
      20. 機関保証について
      21. 扶養加算について
      22. 住居加算について
      23. FAQ ~住居加算申請を検討の方へ~
      24. 修習資金の交付までの流れについて
      25. 返還明細書の提出について
      26. 変更事項の届出等について
      27. 貸与の終了について
      28. 期限の利益の喪失について
      29. 新型コロナウイルス感染症の影響により返還期限の猶予申請を検討されている方へ
    7. 司法修習生の修習専念資金の貸与等について(第71期以降)
      1. 司法修習生に対する修習専念資金の貸与制の概要
      2. 裁判所法(平成29年法律第23号による改正後)
      3. 振込口座として指定できない金融機関
      4. 修習専念資金の貸与を申請する司法修習生(選考申込者)及び貸与期間中の司法修習生へ
      5. 申請必要書類一覧
      6. 機関保証について
      7. 扶養加算について
      8. 修習専念資金の交付までの流れについて
      9. 返還明細書の提出について
      10. 変更事項の届出等について
      11. 貸与の終了について
      12. 期限の利益の喪失について
      13. FAQ ~これから貸与を受ける方へ~
      14. FAQ ~貸与期間中の方へ~
      15. FAQ ~その他 貸与制に関連する事項~
      16. 修習専念資金 ~据置期間・返還期間中の手続について~
      17. 提出書類等 ~据置期間・返還期間中の手続について~
      18. FAQ ~据置期間・返還期間中の方へ~
      19. 「住所等の届出」又は「変更事項の届出」をメールにより届け出る際の注意事項
      20. 住所等の届出の記載事項
      21. 届出事項に変更があった場合の記載事項
      22. 自然人の保証人に生じた事由を届け出る場合の記載事項
      23. 新型コロナウイルス感染症の影響により返還期限の猶予申請を検討されている方へ
    8. 司法修習生の修習給付金について
    9. その他司法修習に関する書式について
    10. 司法研修所参与
      1. 司法研修所参与名簿
    11. 司法修習生考試について