出前講義を開催(高松市立川島小学校)

トップ > 各地の裁判所 > 高松地方裁判所/高松家庭裁判所/香川県内の簡易裁判所 > 高松地方裁判所について > 広報活動 > 裁判所職員による出前講義~高松市立川島小学校~(令和2年10月12日実施)

令和2年10月12日に,高松地方裁判所事務局総務課の赤根事務官が高松市立川島小学校を訪問し,生徒の皆様(75人)に出前講義を実施しました。

「日本の裁判所に木槌はないんだよ」から講義がスタートし,三権分立,裁判の種類など,裁判所の仕組みをお話ししました。
学校授業の中で勉強をされているようで,講師がお話をする前に「それはこうだよ!」と,声が上がるなど,とても積極的な生徒さんが多い学校でした。
他にも,裁判所で働くにはどうすればよいのかなど,短い時間で多くの内容をお話ししたにもかかわらず,最後まで熱心に聞いてくれているのがよくわかりました。

出前講義画像

講義の最後は,質問コーナーです。「裁判員には勉強ができなくてもなれますか?」という質問を受け,真剣に将来裁判員になるかもしれないと考えてくれているのだなと感じ,嬉しく思いました。
裁判所のこと以外にも,「好きな食べ物はなんですか」など,講師個人に関する質問も多くいただき,終始楽しい雰囲気で講義を行うことができました。

川島小学校の皆様,ありがとうございました。

出前講義画像

高松地方裁判所では,依頼先の要望を踏まえ,コロナウイルス感染症対策をとって,出前講義を行っています。出前講義やその他の広報の内容は以下の当庁ホームページに掲載しています。

https://www.courts.go.jp/takamatsu/about/koho/l4/kouhou_index.html