法の日週間プログラム開催レポート

トップ > 各地の裁判所 > 東京家庭裁判所 > 東京家庭裁判所について > 広報活動 > H30法の日週間プログラム開催レポート

 東京家庭裁判所では,家庭裁判所の手続を知っていただくため,平成30年10月12日(金)に高校生から大学・大学院生までの学生を対象に『家裁NAVI』と題する広報イベントを開催しました。

 合計15名の学生の皆さんに御参加いただきました。

当日の様子

 当日は,恐喝事件を題材としたドラマ仕立ての少年審判のビデオを上映後,少年事件担当の裁判官と家庭裁判所調査官が参加者の皆さんからの質問にお答えし,その後に少年審判廷を見学していただきました。

 裁判官と家庭裁判所調査官への質問の際には,調査官・裁判官を志した理由等たくさんの質問をいただきました。

 少年審判廷の見学では,実際の裁判官席や少年席に着席していただき,雰囲気や法廷との造りの違いなどを実感していただきました。

 イベント終了後も,さまざまな職種の職員が参加者の質問に個別にお答えし,多くの参加者の皆さんが,熱心に質問をしてくださいました。

写真:少年審判のビデオを上映

写真:質疑応答

写真:質疑応答

写真:質疑応答

アンケート結果の御紹介

 御参加いただいた皆さんには,アンケートに協力していただきました。
ごく一部ですが,御紹介します。

 皆さんからいただいた御意見を生かして,東京家庭裁判所をより身近に感じてもらえるような広報イベントを企画していきたいと思います。御協力ありがとうございました。