第4 会社更生事件について

会社更生手続とはどのような手続ですか
 窮境にある株式会社について,更生計画の策定及びその遂行に関する手続を定めること等により,債権者,株主その他の利害関係人の利害を適切に調整しながら,当該株式会社の事業の維持更生を図る手続です(会社更生法1条)。
 一般的に,会社更生手続は,①申立て,②保全措置,③開始決定,④債権の届出・調査・確定,⑤財産評定,⑥更生計画案の提出・決議・認可,⑦更生計画の遂行,⑧更生手続の終結という流れで進行します。
保全措置とはどのような手続ですか
 会社更生法は,更生手続開始の申立てがあった時からその決定があるまでの間,開始前会社の業務を維持するとともに,その財産の隠匿や散逸を防止し,将来,更生手続が開始されたときにその後の更生手続を円滑ならしめるために,更生手続開始の申立てに伴う保全措置について定めています。
 この保全措置の主なものには,①開始前会社の業務及び財産に関し,保全管理人による管理を命ずる保全管理命令(会社更生法30条),②調査委員に対し,更生手続開始決定の判断の前提となる事項等について調査を命ずる調査命令(会社更生法39条,125条1項・2項),③開始前会社に対し,債務の弁済等を禁ずる弁済禁止等の保全処分(会社更生法28条),④係属中の他の倒産手続や強制執行手続等の中止を命ずる中止命令(会社更生法24条),⑤全ての更生債権者等に対し,強制執行手続等の禁止を命ずる包括的禁止命令(会社更生法25条)などがあります。
更生手続が開始されるとどのような効果がありますか
 更生手続が開始されると,更生会社の事業の経営権及び財産の管理処分権は管財人に専属し(会社更生法72条1項),更生会社に対する債権や担保権については,更生手続開始後は,原則として,更生債権や更生担保権として,更生計画の定めるところによらなければ,弁済をし,弁済を受け,その他これを消滅させる行為(免除を除く。)をすることができなくなります(会社更生法47条1項)。
 また,他の倒産手続,保全・執行手続,国税滞納処分等は禁止され,既に係属しているこれらの手続は中止又は失効します(会社更生法50条1項)。
「更生債権」,「更生担保権」とは,どのようなものですか
 「更生債権」とは,更生手続開始前の原因に基づいて生じた財産上の請求権又は会社更生法2条8項各号に掲げる権利で,更生担保権又は共益債権に該当しないものをいいます(会社更生法2条8項)。
 一方,「更生担保権」とは,更生手続開始当時,更生会社の財産につき存する特別の先取特権,質権,抵当権,商法又は会社法の規定による留置権の被担保債権であって,更生手続開始前の原因に基づいて生じたもの又は会社更生法2条8項各号に掲げるもの(共益債権であるものを除く。)のうち,当該担保権の目的である財産の価額が更生手続開始時における時価であるとした場合における当該担保権によって担保された範囲のものをいいます(会社更生法2条10項)。
 また,更生債権と更生担保権を総称して,「更生債権等」といいます(会社更生法2条12項)。
更生会社に対して更生債権や更生担保権がある場合,どうすればいいですか
 更生債権者や更生担保権者が更生手続に参加するためには,原則として裁判所が定める債権届出期間内に更生債権等の届出をする必要があります(会社更生法138条1項・2項)。
 債権届出期間等については,会社更生手続が開始されると,官報に掲載して公告がされるほか(会社更生法43条1項),知れている更生債権者や更生担保権者に対しては,更生債権等の届出をすべき期間や更生債権等の調査をするための期間等を記載した通知書,更生債権(更生担保権)届出書,及び注意書などの書面を管財人経由で送付させていただきますので,内容をご覧になって,債権届出期間内に,更生債権(更生担保権)届出書及び法人の場合には代表者の資格証明書(登記事項証明書等)など必要書類一式を裁判所宛てに提出いただくことになります。
更生手続が開始されると従業員の給料や退職金はどうなりますか
 更生手続が開始される前の未払給料については,更生手続開始前6か月間の使用人の給料請求権は共益債権といって,更生計画によらずに随時支払われます(会社更生法130条1項,132条1項・2項)。更生手続開始後の給料請求権も同様です(会社更生法127条2号)。
 一方,更生手続開始前6か月を超える部分の使用人の給料請求権は,優先的更生債権となるので,更生債権の届出が必要になります(会社更生法168条1項2号,民法306条2号,民法308条,会社更生法138条1項)。
 退職手当請求権については,退職の時期が,①保全期間中,②更生手続開始後から更生計画認可前及び③更生計画認可後によって会社更生法における扱いが異なりますので,更生債権届出の有無を含めて,更生管財人に問い合わせていただくことになります。
  1. 裁判手続きを利用する方へ
    1. 窓口案内
    2. 民事訟廷事務室事件係からのお知らせ
      1. 1(1)【平成28年1月変更】東京地方裁判所への民事訴訟事件又は行政訴訟事件の訴え提起における郵便切手の予納額について
      2. 1(2)東京高等裁判所(知的財産高等裁判所を含む。)への控訴提起における郵便切手の予納額について
      3. 2(1)郵便料の現金予納等のお願い
      4. 2(3)控訴事件等について保管金による郵便料の納付を希望される方へ
    3. 民事事件記録の閲覧・謄写の御案内
    4. 民事第8部(商事部)
      1. 民事第8部(商事部)の概要
      2. 弁論・保全・手形係からのお知らせ
      3. 非訟・過料係からのお知らせ
      4. 訴訟事件について_目次
      5. 手形・小切手訴訟ー目次
      6. 商事保全事件ー目次
    5. 民事第20部(倒産部)
      1. 第3 特別清算事件に関する申立書・委任状の記載例
      2. 第2 破産・個人再生手続に関する証明申請等の書式例
      3. 第4 会社更生事件について
      4. 第1 民事第20部(倒産部)の概要
    6. 民事第9部(保全部)紹介
      1. 民事第9部の概要
      2. 保全事件の申立て
      3. 仮差押債権目録等の記載例について(郵政民営化に伴うもの)
      4. JA貯金について
      5. 保全事件の発令まで
      6. 執行取消し(取下げ等)
      7. 担保取消しの手続
      8. 担保の簡易の取戻しの手続
      9. 解放金の取戻し
      10. 不服の申立て等(保全異議,保全取消し,保全抗告)
      11. その他の手続
      12. ドメスティックバイオレンス(DV)(配偶者暴力等に関する保護命令申立て)
      13. 閲覧・謄写
      14. 強制執行停止事件の流れ(申立てから発令まで)
    7. 労働審判手続の迅速・適正な進行へのご協力のお願い
      1. 注意書
    8. 民事第21部(民事執行センター・インフォメーション21)
      1. 書式一覧マップ
      2. 民事執行センター案内
      3. 執行事件記録の閲覧謄写申請に際してのご注意
      4. 執行官室(執行部)からのお知らせ
      5. 最寄りの郵便局
      6. 執行手続・書式等のご案内【不動産執行手続】
      7. 申立債権者の方へ
      8. 不動産競売事件(担保不動産競売,強制競売)の申立てについて
      9. 当事者目録(不動産競売事件)の書き方
      10. 担保権,被担保債権・請求債権目録(担保不動産競売)の書き方
      11. 請求債権目録(強制競売用)の書き方
      12. 物件目録の書き方
      13. 強制競売等における続行決定申請について
      14. 競売申立時の代位登記について
      15. 一部代位弁済により移転した(根)抵当権に基づく競売申し立てについて
      16. 照会書の提出について
      17. 自動車強制競売の申立てについて
      18. 当事者目録(自動車強制競売)の書き方
      19. 請求債権目録(自動車強制競売)の書き方
      20. 代理人許可申立について
      21. 物件明細係の扱う事務について
      22. 売却係の扱う事務について
      23. 無剰余取消しを回避する方法について
      24. 地代代払許可の申立方法について
      25. 担保不動産競売(強制競売)事件の取下げについて
      26. 配当金等の支払・予納金の還付手続について
      27. 配当見込額FAX照会,配当金等支払請求書の郵便提出及び配当表等写しの請求について
      28. 配当金等支払請求書記載上の注意事項等
      29. 保全処分,執行異議の申立てについて
      30. 申立債権者以外の債権者の方へ
      31. 債権届出について
      32. 債務者(所有者)の方へ
      33. 執行抗告,執行異議の申立てについて
      34. 買受人(買受希望者)の方へ
      35. 入札保証金の還付手続について
      36. 特別売却による買受けの申出手続について
      37. 売却代金の口座振込みの利用について
      38. 民事執行法82条2項による登記嘱託書交付手続の申出をされる方へ
      39. 不動産引渡命令の申立てについて
      40. 物件明細書に記載されていない者を相手方とする引渡命令の申立てについて
      41. 引渡命令の申立てから強制執行の申立てまでの手続の流れ
      42. 引渡命令に対する執行文付与,送達証明申請について
      43. 開始手続(担当:不動産開始係)
      44. 物件明細手続(担当:物件明細係)
      45. 不動産売却手続,不動産競売事件取下手続(担当:売却・取下係)
      46. 売却手続(担当:売却係)
      47. 不動産配当手続(担当:不動産配当係)
      48. 引渡命令,保全処分,執行異議の申立て
      49. 担保不動産収益執行手続
      50. 執行手続・書式等のご案内【債権執行手続】
      51. 債権受付係
      52. 申立債権者の方へ
      53. 申立債権者以外の債権者の方へ
      54. 債務者(所有者)の方へ
      55. 第三債務者の方へ
      56. 債権差押命令の申立てをされる方へ
      57. 債務名義に基づく差押え
      58. 債務名義に基づく差押え(扶養義務に基づく定期金債権関係)
      59. 抵当権に基づく賃料差押え
      60. 債権換価係
      61. 当事者目録について
      62. 債権配当係
      63. 配当異議の申出をする方法
      64. 配当異議訴訟終了後の手続
      65. 仮差押債権者の配当金受領方法
      66. 事情届の不受理申請の方法
      67. 債務者の供託金の支払委託
      68. 財産開示手続
      69. 雇用関係先取特権証明文書
      70. インターネットによる3点セット提供(BITシステム)について
      71. よくある質問(FAQ)
      72. 競売不動産の買受手続
      73. 債権執行に関する申立ての書式一覧表
      74. 第三者からの情報取得手続
      75. 民事執行センターからのお知らせ
      76. 取立てをした方・取下げをする方へ
      77. 執行手続・書式等のご案内【代替執行係の手続】
    9. 民事第22部(調停・借地非訟・建築部)
    10. 借地非訟事件について
      1. 第1 借地非訟とは
      2. 第2 借地非訟事件手続の流れ
      3. 第3 費用
    11. 借地非訟事件(書式例)
    12. 民事第22部建築訴訟事件について
    13. 民事第27部(交通部)
    14. 民事第29部,第40部,第46部,第47部(知的財産権部)
    15. 知的財産権部の場所
    16. 知的財産権訴訟の管轄について
    17. 特許権侵害訴訟の審理要領(侵害論)
    18. 審理について
      1. 損害賠償等に関する審理について
      2. 閲覧等制限の申立てについて
      3. 秘密保持命令の申立てについて
      4. 営業秘密に関する当事者尋問等の公開停止について
      5. 知的財産権法に基づく請求等の訴額の算定基準
    19. 書類 及び 電磁データ の提出について
    20. 知的財産権に関する保全命令の申立てについて
    21. 知財調停手続の運用について
    22. 査証手続の運用に関するQ&A
    23. 知的財産権訴訟における和解条項例集
    24. 東京地方裁判所(民事部)
    25. 担当裁判官一覧
      1. 東京地方裁判所(刑事部)担当裁判官一覧
      2. 東京地方裁判所(民事部)担当裁判官一覧
      3. 東京地方裁判所立川支部 担当裁判官一覧
      4. 管内の簡易裁判所(東京簡易裁判所を除く)担当裁判官一覧
    26. 庁舎案内図
    27. 保管金の電子納付について
    28. 東京家庭・簡易裁判所合同庁舎改修工事に伴う駐車場の利用について
    29. 書式例