知的財産権法に基づく請求等の訴額の算定基準

平成28年10月1日(令和元年12月改定)
東京地方裁判所の知的財産権部に係属する知的財産権法に基づく請求等の訴額の算定方法の原則的な取扱いは以下のとおりです。
※ 侵害行為の差止めとともに侵害行為を組成する物の廃棄等を請求する場合(特許法100条2項,実用新案法27条2項,意匠法37条2項,商標法36条2項,不正競争防止法3条2項,著作権法112条2項,半導体集積回路の回路配置に関する法律22条2項,種苗法33条2項)には,差止請求の訴額のみによる。
※ 「残存年数」,「請求可能年数」については,月単位まで計算する。
※ 計算の根拠とする金額,料率,年数等の数値は原則として資料によって疎明する必要があるが,年間売上高・利益率等については疎明資料は不要で,訴額計算書を提出すれば足りる。

1 特許権,実用新案権,意匠権

(1) 権利の帰属の確認請求,移転登録手続請求

ア 次のいずれかによる。

  •  (ア) 訴え提起時の年間売上高×訴え提起時の利益率×権利の残存年数×4分の1(低減率)
  •  (イ) 原告が,鑑定評価書等により,権利の評価額,取引価格を疎明したときは,その額による。

イ 権利の範囲全部につき専用実施権が設定されている場合には,次のいずれかによる。

  •  (ア) 訴え提起時の実施権者の年間売上高×実施料率×権利の残存年数×4分の1
  •  (イ) (年間実施料×権利の残存年数)-中間利息
(2) 実施権の確認請求,設定登録手続請求,移転登録手続請求
  •  実施権者の年間売上高(又は予想年間売上高)×訴え提起時の実施権者の利益率×実施権の残存年数×4分の1
(3) 抹消登録手続請求
  •  (1),(2)の算定結果×2分の1
(4) 質権の設定・移転・変更・消滅に関する登録手続請求
  •  不動産を目的とする担保権に関する登記手続請求の算定方法を準用する。
(5) 差止請求

次のいずれかによる。

ア 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×権利の残存年数×8分の1

イ 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×権利の残存年数×8分の1

ウ (年間実施料相当額×権利の残存年数)-中間利息

(6) 差止請求権の不存在確認請求
  •  原告の訴え提起時の年間売上高×原告の訴え提起時の利益率×被告の権利の残存年数×8分の1
(7) 信用回復措置の請求
  •  信用回復のための広告等その措置に要する費用が認定できる場合はその額とし,措置の性質上,要する費用が認定できない場合,又は,算定が著しく困難な場合は160万円とする。

2 商標権

(1) 権利の帰属の確認請求,移転登録手続請求

ア 次のいずれかによる。

  •  (ア) 訴え提起時の年間売上高×訴え提起時の利益率×10年×5分の1
  •  (イ) 原告が,鑑定評価書等により,権利の評価額,取引価格を疎明したときは,その額による。

イ 権利の範囲全部につき専用使用権が設定されている場合には,次のいずれかによる。

  •  (ア) 訴え提起時の専用使用権者の年間売上高×使用料率×10年×5分の1
  •  (イ) 年間使用料×10年×0.8
(2) 使用権の確認請求,設定登録手続請求,移転登録手続請求
  •  訴え提起時の使用権者の年間売上高×訴え提起時の使用権者の利益率×使用権の残存年数×5分の1
    ただし,使用権の残存年数が10年以上の場合,又は,使用権設定契約の更新等により使用権が訴え提起時から10年以上継続する可能性が高い場合には,「使用権の残存年数」は10年とする。
(3) 抹消登録手続請求
  •  (1),(2)の算定結果×2分の1
(4) 質権の設定・移転・変更・消滅に関する登録手続請求
  •  不動産を目的とする担保権に関する登録手続請求の算定方法を準用する。
(5) 差止請求

次のいずれかによる。

  •  ア 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1
  •  イ 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×10年×10分の1
  •  ウ 年間使用料相当額×10年×0.8
(6) 差止請求権の不存在確認請求
  •  原告の訴え提起時の年間売上高×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1
(7) 信用回復措置の請求
  •  信用回復のための広告等その措置に要する費用が認定できる場合はその額とし,措置の性質上,要する費用が認定できない場合,又は,算定が著しく困難な場合は160万円とする。

3 不正競争防止法に基づく請求

(1) 不正競争防止法2条1項1号,2号,22号の不正競争行為の差止請求

次のいずれかによる。

  •  ア 訴え提起時の,原告の原告表示を使用した商品,営業,役務の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1
  •  イ 訴え提起時の,被告の被告表示を使用した商品,営業,役務の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×10年×10分の1
  •  ウ 原告表示の年間使用料相当額×10年×0.8
(2) 不正競争防止法2条1項3号の不正競争行為の差止請求

次のいずれかによる。

ア 訴え提起時の,原告の原告商品の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×請求可能年数×6分の1

イ 訴え提起時の,被告の被告商品の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×請求可能年数×6分の1

ウ 原告商品形態の年間使用料相当額×請求可能年数×0.9

 ただし,アないしウの「請求可能年数」とは,訴え提起時から,同号所定の「他人の商品」に該当する原告商品が最初に販売された日から3年後の日までの期間をいう。

(3) 不正競争防止法2条1項4号ないし10号の不正競争行為の差止請求
  •  当該営業秘密の性質上アないしウのいずれかの方法により算定できるものは,アないしウのいずれかの方法により,算定できないもの,又は,算定が著しく困難なものは160万円とする。
  •  ア 訴え提起時の,被告の当該営業秘密の使用等による原告の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×8年×8分の1
  •  イ 訴え提起時の,被告の当該営業秘密の使用等による年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×8年×8分の1
  •  ウ 当該営業秘密の年間使用料相当額×8年×0.8
(4) 不正競争防止法2条1項11号ないし16号の不正競争行為の差止請求

 当該限定提供データの性質上アないしウのいずれかの方法により算定できるものは,アないしウのいずれかの方法により,算定できないもの,又は,算定が著しく困難なものは160万円とする。
ア 訴え提起時の,被告の当該限定提供データの使用等による原告の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×8年×8分の1
イ 訴え提起時の,被告の当該限定提供データの使用等による年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×8年×8分の1
ウ 当該限定提供データの年間使用料相当額×8年×0.8

(5) 不正競争防止法2条1項17号,18号の不正競争行為の差止請求
  •  原告の訴え提起時の年間売上高減少額×原告の訴え提起時の利益率×8年×8分の1
(6) 不正競争防止法2条1項19号の不正競争行為の差止請求

次のいずれかによる。

  •  ア 訴え提起時の,被告ドメイン名使用による原告の商品,営業,役務の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1
  •  イ 訴え提起時の,被告ドメイン名使用による商品,営業,役務の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×10年×10分の1
  •  ウ ア又はイにより算定できない場合,又は,算定が著しく困難な場合は,160万円とする。
(7) 不正競争防止法2条1項20号の不正競争行為の差止請求

次のいずれかによる。

ア 訴え提起時の,被告表示の使用による原告の商品,営業,役務の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率×10年×10分の1

イ 訴え提起時の,被告の被告表示を使用した商品,営業,役務の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率×10年×10分の1

(8) 不正競争防止法2条1項21号の不正競争行為の差止請求
  •  160万円とする。
(9) 不正競争防止法14条に定める信用回復措置の請求
  •  信用回復のための広告等その措置に要する費用が認定できる場合はその額とし,措置の性質上,要する費用が認定できない場合,又は,算定が著しく困難な場合は160万円とする。
(10) 不正競争防止法19条2項に定める請求
  •  160万円とする。

4 著作権

(1) 権利の帰属の確認請求,移転登録手続請求

ア 著作権の帰属の確認請求,移転登録手続請求

原告の訴え提起時の年間売上高×原告の訴え提起時の利益率

イ 出版権の確認請求,設定登録手続請求,移転登録手続請求

  •  (ア) 取引価格による
  •  (イ) 取引価格が明らかでない場合は,原告の訴え提起時の年間売上高×原告の訴え提起時の利益率
(2) 抹消登録手続請求
  •  (1)のア,イの算定結果×2分の1
(3) 質権の設定・移転・変更・消滅に関する登録手続請求
  •  不動産を目的とする担保権に関する登記手続請求の算定方法を準用する。
(4) 実名・第一発行年月日等・創作年月日の抹消登録手続請求
  •  160万円とする。
(5) 著作権法上の権利に基づく差止請求

ア 著作権(著作財産権)に基づく差止請求

次のいずれかによる。

  •  (ア) 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率
  •  (イ) 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率
  •  (ウ) 著作権者が通常1年間に受けるべき金銭の額

イ 著作者人格権に基づく差止請求

  •  160万円とする。

ウ 出版権に基づく差止請求

次のいずれかによる。

  •  (ア) 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率
  •  (イ) 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率

エ 著作隣接権に基づく差止請求

アと同様に算定する。

(6) 著作者人格権侵害の場合の名誉回復措置の請求
  •  名誉回復のための広告等その措置に要する費用が認定できる場合はその額とし,措置の性質上,要する費用が認定できない場合,又は,算定が著しく困難な場合は160万円とする。

5 商号権

(1) 差止請求

 (当事者双方が会社の場合)
基準額×修正率=訴額
ただし,この計算式によって求めた訴額が,直近下位の基準額の範囲で求められる訴額の最高額に満たないときには,その最高額と同一の額を訴額とする。

ア 基準額

  •  (ア) 原告会社の資本額≧被告会社の資本額の場合
  •  基準額=被告会社の資本額×2
  •  (イ) 原告会社の資本額<被告会社の資本額の場合
  •  基準額=原告会社の資本額×2

イ 修正率

修正率

5分の1
基準額≦1000万円
7分の1
1000万円<基準額≦5000万円
10分の1
5000万円<基準額≦1億円
20分の1
1億円<基準額≦3億円
30分の1
3億円<基準額≦5億円
50分の1
5億円<基準額

 (当事者の双方又はいずれか一方が会社でない場合)
次のいずれかの計算式による。

  •  (ア) 原告の訴え提起時の年間売上減少額×原告の訴え提起時の利益率
  •  (イ) 被告の訴え提起時の年間売上推定額×被告の訴え提起時の推定利益率
(2) 商号登記の抹消登記手続請求
  •  (1)と同様に算定する。

6 半導体集積回路の回路配置に関する法律に基づく請求

  •  特許権の場合に準じて算定する。

7 種苗法に基づく請求

  •  特許権の場合に準じて算定する。

8 行政訴訟

  •  160万円とする。
     ただし,当事者訴訟等訴額の算定が可能な場合には,その方法により算定する。

以上

  1. 裁判手続きを利用する方へ
    1. 窓口案内
      1. 東京地方裁判所 庁舎総合案内図
    2. 民事訟廷事務室事件係からのお知らせ
      1. 1(1)【平成28年1月変更】東京地方裁判所への民事訴訟事件又は行政訴訟事件の訴え提起における郵便切手の予納額について
      2. 1(2)東京高等裁判所(知的財産高等裁判所を含む。)への控訴提起における郵便切手の予納額について
      3. 2(1)郵便料の現金予納等のお願い
      4. 2(3)控訴事件等について保管金による郵便料の納付を希望される方へ
    3. 民事事件記録の閲覧・謄写の御案内
    4. 民事第8部(商事部非訟係)からのお知らせ
      1. 解散した会社の会社法施行前後の適用法令等
      2. 少額債権等弁済許可申立事件についてのQ&A
      3. 帳簿資料保存者選任申立事件についてのQ&A
      4. 所在不明株主の株式売却許可申立事件についてのQ&A
      5. 【旧商法】解散届(旧商法418条)についてのQ&A
      6. 【旧商法】財産目録,貸借対照表届(旧商法419条)
      7. 【旧商法】少額債権等弁済許可申請事件についてのQ&A(旧商法423,旧有限会社法75-Ⅰ)
      8. 【旧商法】重要資料保存者選任申請事件についてのQ&A
    5. 民事第9部(保全部)紹介
      1. 民事第9部の概要
      2. 保全事件の申立て
      3. 仮差押債権目録等の記載例について(郵政民営化に伴うもの)
      4. JA貯金について
      5. 保全事件の発令まで
      6. 執行取消し(取下げ等)
      7. 担保取消しの手続
      8. 担保の簡易の取戻しの手続
      9. 解放金の取戻し
      10. 不服の申立て等(保全異議,保全取消し,保全抗告)
      11. その他の手続
      12. ドメスティックバイオレンス(DV)(配偶者暴力等に関する保護命令申立て)
      13. 代替執行係担当事件の手数料・添付書類・申立書提出先等について
      14. 閲覧・謄写
      15. 強制執行停止事件の流れ(申立てから発令まで)
    6. 労働審判手続の迅速・適正な進行へのご協力のお願い
      1. 注意書
    7. 民事第20部破産・再生
    8. 民事第21部(民事執行センター・インフォメーション21)
      1. 書式一覧マップ
      2. 民事執行センター案内
      3. 執行事件記録の閲覧謄写申請に際してのご注意
      4. 霞が関庁舎で扱う執行関係事務
      5. 最寄りの郵便局
      6. 執行手続・書式等のご案内【不動産執行手続】
      7. 申立債権者の方へ
      8. 不動産競売事件(担保不動産競売,強制競売)の申立てについて
      9. 当事者目録(不動産競売事件)の書き方
      10. 担保権,被担保債権・請求債権目録(担保不動産競売)の書き方
      11. 請求債権目録(強制競売用)の書き方
      12. 物件目録の書き方
      13. 強制競売等における続行決定申請について
      14. 競売申立時の代位登記について
      15. 一部代位弁済により移転した(根)抵当権に基づく競売申し立てについて
      16. 照会書の提出について
      17. 自動車強制競売の申立てについて
      18. 当事者目録(自動車強制競売)の書き方
      19. 請求債権目録(自動車強制競売)の書き方
      20. 代理人許可申立について
      21. 物件明細係の扱う事務について
      22. 売却係の扱う事務について
      23. 無剰余取消しを回避する方法について
      24. 地代代払許可の申立方法について
      25. 担保不動産競売(強制競売)事件の取下げについて
      26. 配当金等の支払・予納金の還付手続について
      27. 配当見込額FAX照会,配当金等支払請求書の郵便提出及び配当表等写しの請求について
      28. 配当金等支払請求書記載上の注意事項等
      29. 保全処分,執行異議の申立てについて
      30. 申立債権者以外の債権者の方へ
      31. 債権届出について
      32. 債務者(所有者)の方へ
      33. 執行抗告,執行異議の申立てについて
      34. 買受人(買受希望者)の方へ
      35. 入札保証金の還付手続について
      36. 特別売却による買受けの申出手続について
      37. 売却代金の口座振込みの利用について
      38. 民事執行法82条2項による登記嘱託書交付手続の申出をされる方へ
      39. 不動産引渡命令の申立てについて
      40. 物件明細書に記載されていない者を相手方とする引渡命令の申立てについて
      41. 引渡命令の申立てから強制執行の申立てまでの手続の流れ
      42. 引渡命令に対する執行文付与,送達証明申請について
      43. 開始手続(担当:不動産開始係)
      44. 物件明細手続(担当:物件明細係)
      45. 不動産売却手続,不動産競売事件取下手続(担当:売却・取下係)
      46. 売却手続(担当:売却係)
      47. 不動産配当手続(担当:不動産配当係)
      48. 引渡命令,保全処分,執行異議の申立て
      49. 担保不動産収益執行手続
      50. 執行手続・書式等のご案内【債権執行手続】
      51. 債権受付係
      52. 申立債権者の方へ
      53. 申立債権者以外の債権者の方へ
      54. 債務者(所有者)の方へ
      55. 第三債務者の方へ
      56. 債権差押命令の申立てをされる方へ
      57. 債務名義に基づく差押え
      58. 債務名義に基づく差押え(扶養義務に基づく定期金債権関係)
      59. 抵当権に基づく賃料差押え
      60. 債権換価係
      61. 当事者目録について
      62. 債権配当係
      63. 配当異議の申出をする方法
      64. 配当異議訴訟終了後の手続
      65. 仮差押債権者の配当金受領方法
      66. 事情届の不受理申請の方法
      67. 債務者の供託金の支払委託
      68. 財産開示手続
      69. 雇用関係先取特権証明文書
      70. インターネットによる3点セット提供(BITシステム)について
      71. よくある質問(FAQ)
      72. 競売不動産の買受手続
      73. 債権執行に関する申立ての書式一覧表
      74. 第三者からの情報取得手続
      75. 民事執行センターからのお知らせ
    9. 民事第22部(調停・借地非訟・建築部)
    10. 借地非訟事件について
      1. 第1 借地非訟とは
      2. 第2 借地非訟事件手続の流れ
      3. 第3 費用
    11. 借地非訟事件(書式例)
    12. 民事第22部建築訴訟事件について
    13. 民事第29部,第40部,第46部,第47部(知的財産権部)
    14. 知的財産権部の場所
    15. 知的財産権訴訟の管轄について
    16. 特許権侵害訴訟の審理要領(侵害論)
    17. 審理について
      1. 損害賠償等に関する審理について
      2. 閲覧等制限の申立てについて
      3. 秘密保持命令の申立てについて
      4. 営業秘密に関する当事者尋問等の公開停止について
      5. 知的財産権法に基づく請求等の訴額の算定基準
    18. 書類 及び 電磁データ の提出について
    19. 知的財産権に関する保全命令の申立てについて
    20. 知財調停手続の運用について
    21. 知的財産権訴訟における和解条項例集
    22. 東京地方裁判所(民事部)
    23. 担当裁判官一覧
      1. 東京地方裁判所(刑事部)担当裁判官一覧
      2. 東京地方裁判所(民事部)担当裁判官一覧
      3. 東京地方裁判所立川支部 担当裁判官一覧
      4. 管内の簡易裁判所(東京簡易裁判所を除く)担当裁判官一覧
    24. 庁舎案内図
    25. 保管金の電子納付について
    26. 書式例