「調停制度100周年」特設ページ

裁判所の「調停制度」は、令和4年10月で発足100周年を迎えます。
これからも、裁判所の調停制度がみなさんの紛争解決の制度として多く利用していただけるように、調停制度についてご紹介します。

調停の歴史

(令和4年4月広報テーマ)

調停とは?

  • 調停とは、裁判所で争いを解決する手続の一つです。
    裁判所がお互いの言い分を聴いて,話合いによって問題の解決を図ります。
    調停には,お金の貸し借りなどの民事のトラブルを扱う「民事調停」と、離婚や相続などの家庭のトラブルを扱う「家事調停」があります。
    民事調停は主に簡易裁判所、家事調停は家庭裁判所で行われます。

民事調停手続についての詳しい説明はこちら(裁判所サイトへリンクします)

家事調停手続についての詳しい説明はこちら(裁判所サイトへリンクします)

動画で紹介

民事調停について、分かりやすく説明した動画を配信中です(「5分くらいで分かる民事調停制度」へリンクします)

家事調停について、分かりやすく説明した動画を配信中です(「ご存じですか?家事調停」へリンクします)

手続の利用について

調停で使う書式

申立書などの書式は、裁判所の窓口にも備え付けています。

民事調停で使う書式はこちら(裁判所サイトへリンクします)

家事調停で使う書式はこちら(裁判所サイトへリンクします)

申立先の裁判所

原則として、相手方の住所のある地区の裁判を受け持つ裁判所に申し立てます。

事件の種類等によっては異なる場合がありますので、申立ての際には,お近くの裁判所にお問い合わせください。

鳥取県内の裁判所の管轄区域はこちら(裁判所サイトへリンクします)

調停手続についてのQ&A

民事調停のQ&Aはこちら(裁判所サイトへリンクします)

家事調停のQ&Aはこちら(裁判所サイトへリンクします)

調停手続の登場人物

民事調停の登場人物はこちら(裁判所サイトへリンクします)

家事調停の登場人物はこちら(裁判所サイトへリンクします)

広報キャラクターなど