「法の日」(10月1日)を迎えて

10月1日は,「法の日」です。

「法の日」は,国民の皆さんに,法の役割や重要性について考えていただくきっかけとなるようにと,裁判所,検察庁及び弁護士会の協議で提唱され,昭和35年,政府によって,「国をあげて法の尊重,基本的人権の擁護,社会秩序の確立の精神を高めるための日」として定められました。

当裁判所では,裁判所が身近で利用しやすい存在になることを目的として,ウェブサイトの紹介,見学会の案内のチラシを作成し,県内の地方自治体,小中高校へ送付しました。