【横浜家裁】新型コロナウイルス感染症への対応について

  •  横浜家庭裁判所(支部含む。)においては,緊急事態宣言及び神奈川県の外出自粛要請の解除を受けて,来庁者の急増を避ける等,感染の拡大防止の観点にも配慮しながら,これまで縮小していた業務を順次実施します。取り消された期日等については,順次,期日を指定していきますので,担当係からの連絡をお待ち下さい。
     なお,係属中の家事事件について,進行を急ぐ事情がある場合には,担当係にご相談ください。
  • 裁判所を利用される皆様へ
    •  新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため,次のとおり対応させていただきますので,ご理解とご協力をお願いいたします。
  • ・家事手続案内については,引き続き態勢を縮小しており,個室による案内を中止しています。手続の概要や申立書式は,できる限りホームページでご確認いただきますようお願いします。
  • ・本庁において行っている「子の氏の変更許可申立事件」の即日審判手続(申立てを受け付けた当日に審理を行う事件処理)は当面実施を見合わせています。
  • ・待合室や法廷の傍聴席では,間隔を空けて着席をお願いしています。
  • ・換気のため,事件関係室等の窓や扉を開放することがあります。
  • ・職員はマスクを着用して対応させていただきます。また,窓口や事件関係室においては,飛沫防止策を講じています。

(裁判所からのお願い)

  • ・来庁する際は,マスクの着用をお願いします。来庁後は手洗い又は手指の消毒をお願いします。
  • ・入庁時等は,来庁される方同士,適度な距離を保つようご協力ください。
  • ・発熱等の症状がある場合には,来庁をお控えください。期日に来庁される場合で,発熱等の症状があるときは,期日変更の検討を要しますので,事前に担当部署に電話でご連絡ください。
  • ・期日に来庁されることについて不安な点がございましたら,遠慮なく担当部署にご相談ください。