右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成19(受)1040
事件名
 損害賠償請求事件
裁判年月日
 平成20年9月12日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 集民 第228号639頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 平成18(ネ)896
原審裁判年月日
 平成19年3月22日
判示事項
 Xの友人Aが,Xの運転するXの父親B所有の自動車に同乗してバーに赴き,Xと飲酒をした後,寝込んでいるXを乗せて同自動車を運転し,追突事故を起こした場合において,Bが自賠法3条にいう運行供用者に当たるとされた事例
裁判要旨
 Xの友人であるAが,深夜,Xが運転するXの父親であるB所有の自動車に同乗してバーに赴き,Xと共に飲酒をした後,バーのカウンター上に置かれていたキーを使用し,泥酔して寝込んでいるXを同自動車に乗せた上,これを運転して追突事故を起こし,Xが傷害を負った場合において,(1)バーに赴いた際のXによる同自動車の運行は,Bの容認するところであり,その運行の後,飲酒したXが友人等に同自動車の運転をゆだねることも,Bの容認の範囲内にあったと見られること,(2)Aが帰宅するなどのために上記キーを使用して同自動車を運転することについて,Xの容認があったといえることなど判示の事情の下では,BがAと面識を有していなかったとしても,Aによる同自動車の運行はBの容認の範囲内にあったと見られてもやむを得ず,Bは,同運行について,自賠法3条にいう運行供用者に当たる。
参照法条
 (自賠法)自動車損害賠償保障法3条
全文
全文