右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)



メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判手続の案内 > 裁判所が扱う事件


裁判所が扱う事件

裁判所が扱っている代表的な事件は,次のとおりです。

1. 民事事件

貸したお金を返してほしいなどの個人間の紛争や,売掛代金に関する企業間の紛争などを解決するための手続に関する事件です。
民事事件の中には,次のようなものも含まれます。

  • 労働事件
    解雇や賃金の不払など,労働関係に関連して生じた争いを解決するための手続に関する事件
  • 知的財産権事件
    特許権や著作権など知的財産権に関する争いを解決するための手続に関する事件
  • 執行事件
    裁判などによって決められた内容を相手が守らない場合に,強制的に相手の財産から満足を得るための手続に関する事件
  • 破産事件
    借金が増え,すべての債務を返済することができなくなった場合に,債務や財産を清算し,生活の立て直しを図るための手続に関する事件
  • 保護命令事件
    配偶者からの暴力によって,生命または身体に重大な危害を受けるおそれが大きい場合に,配偶者からの保護を目的とする手続に関する事件

2. 行政事件

国や地方公共団体が行った行為に不服がある場合など,行政に関連して生じた争いを解決するための手続に関する事件

3. 刑事事件

窃盗などの犯罪の犯人だと疑われている人の有罪・無罪などを決めるための手続に関する事件

4. 家事事件

離婚や相続など,夫婦や親子関係などの争いごとを解決するための手続に関する事件

5. 少年事件

窃盗などの犯罪をしたと疑われる非行少年について,再非行防止のために最も適した措置を決めるための手続に関する事件

6. 医療観察事件

心神喪失又は心神耗弱の状態で殺人,放火等の重大な他害行為を行った者について,医療観察法による処遇の要否などを決めるための手続に関する事件