右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和61(あ)960
事件名
 業務上過失致死
裁判年月日
 昭和63年5月11日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 決定
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第42巻5号807頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和61年7月14日
判示事項
 被害者側の落度が介在した場合につき因果関係が認められた事例
裁判要旨
 医師の資格のない柔道整復師が風邪の症状を訴える患者に対して誤つた治療法を繰り返し指示し、これに忠実に従つた患者が病状を悪化させて死亡するに至つた場合には、患者側に医師の診察治療を受けることなく右指示に従つた落度があつたとしても、右指示と患者の死亡との間には因果関係がある。
参照法条
 刑法第1編第7章,刑法211条
全文
全文