右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和29(あ)389
事件名
 出入国管理令違反等
裁判年月日
 昭和32年12月25日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 判決
結果
 その他
判例集等巻・号・頁
 刑集 第11巻14号3377頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和28年10月15日
判示事項
 一 出入国管理令第二五条の合憲性
二 懲役刑執行と未決勾留とが競合するときの未決勾留日数の算入の適否
裁判要旨
 一 出入国管理令第二五条は、憲法第二二条第二項に違反しない。
二 被告人が勾留状の執行により未決勾留中、他の事件の確定判決により懲役刑の執行を受けるに至つたときは、懲役刑の執行と競合する未決勾留日数を本刑に算入することは違法である。
参照法条
 出入国管理令25条,憲法22条2項,刑法21条
全文
全文