右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和40(あ)1318
事件名
 公職選挙法違反
裁判年月日
 昭和41年4月21日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 刑集 第20巻4号275頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所  岡山支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和40年3月13日
判示事項
 観念的競合犯の公訴時効
裁判要旨
 一個の行為が数個の罪名に触れる場合における公訴の時効期間算定については、各別に論ずることなく、これを一体として観察し、その最も重い罪の刑につき定めた時効期間によるのを相当とする。
参照法条
 刑法54条1項前段,刑訴法250条,公職選挙法(昭和37年法律112号による改正前)253条
全文
全文