右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和47(あ)897
事件名
 道路交通法違反
裁判年月日
 昭和48年3月15日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄自判
判例集等巻・号・頁
 刑集 第27巻2号128頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和47年3月22日
判示事項
 非反則行為として通告手続を経ないで起訴された事実が反則行為に該当するものと判明した場合と公訴提起の効力
裁判要旨
 非反則行為として通告手続を経ないで起訴された事実が、公判審理の結果反則行為に該当するもの判明した場合には、刑訴法三三八条四号により公訴を棄却すべきである。
参照法条
 道路交通法118条1項2号,道路交通法125条1項,道路交通法125条2項,道路交通法130条,道路交通法別表,道路交通法(昭和46年法律98号による改正前のもの)118条1項3号,道路交通法(昭和46年法律98号による改正前のもの)別表,刑訴法338条4号
全文
全文