右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和42(オ)1341
事件名
 家屋明渡等請求
裁判年月日
 昭和46年7月16日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第25巻5号749頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和34(ネ)572
原審裁判年月日
 昭和42年6月12日
判示事項
 建物賃貸借契約解除後の不法占有と民法二九五条二項の類推適用
裁判要旨
 建物の賃借人が、債務不履行により賃貸借契約を解除されたのち、権原のないことを知りながら右建物を不法に占有する間に有益費を支出しても、その者は、民法二九五条二項の類推適用により、右費用の償還請求権に基づいて右建物に留置権を行使することはできない。
参照法条
 民法295条
全文
全文