右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和43(行ツ)95
事件名
 行政処分取消請求
裁判年月日
 昭和48年9月14日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第27巻8号925頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所
原審事件番号
 昭和41(行コ)10
原審裁判年月日
 昭和43年6月4日
判示事項
 地方公務員法二八条に基づく分限処分と任命権者の裁量権
二、地方公務員法二八条一項三号にいう「その職に必要な適格性を欠く場合」の意義
三、地方公務員法二八条一項三号該当を理由とする分限処分が降任である場合の任命権者の裁量権
裁判要旨
 一、地方公務員法二八条に基づく分限処分は、任命権者の純然たる自由裁量に委ねられているものではなく、分限制度の目的と関係のない目的や動機に基づいてされた場合、考慮すべき事項を考慮せず、考慮すべきでない事項を考慮して処分理由の有無が判断された場合、あるいは、その判断が合理性をもつものとして許容される限度を超えた場合には、裁量権の行使を誤つたものとして違法となる。
二、地方公務員法二八条一項三号にいう「その職に必要な適格性を欠く場合」とは、当該職員の簡単に矯正することのできない持続性を有する素質能力、性格等に基因してその職務の円滑な遂行に支障があり、または支障を生ずる高度の蓋然性が認められる場合をいうものと解すべきである。
三、地方公務員法二八条一項三号に該当することを理由とする分限処分が降任である場合には、それが免職である場合に比して、適格性の有無についての任命権者の裁量的判断の余地を比較的広く認めても差支えない。
参照法条
 地方公務員法28条,行政事件訴訟法30条
全文
全文