右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和44(オ)1270
事件名
 所有権移転登記手続等本訴ならびに土地建物所有権確認反訴請求
裁判年月日
 昭和46年11月30日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第25巻8号1437頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
 昭和43(ネ)721
原審裁判年月日
 昭和44年9月29日
判示事項
 相続と民法一八五条にいう「新権原」
裁判要旨
 相続人が、被相続人の死亡により、相続財産の占有を承継したばかりでなく、新たに相続財産を事実上支配することによつて占有を開始し、その占有に所有の意思があるとみられる場合においては、被相続人の占有が所有の意思のないものであつたときでも、相続人は民法一八五条にいう「新権原」により所有の意思をもつて占有を始めたものというべきである。
参照法条
 民法185条,民法896条
全文
全文