右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(オ)238
事件名
 婚姻無効確認請求
裁判年月日
 昭和47年7月25日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第26巻6号1263頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和43(ネ)820
原審裁判年月日
 昭和44年12月23日
判示事項
 届出意思の欠缺による婚姻の無効とその追認の効力
裁判要旨
 事実上の夫婦の一方が他方の意思に基づかないで婚姻届を作成提出した場合において、当時右両名に夫婦としての実質的生活関係が存在しており、かつ、のちに他方の配偶者が届出の事実を知つてこれを追認したときは、右婚姻は追認によりその届出の当初に遡つて有効となると解すべきである。
参照法条
 民法742条1号,民法116条
全文
全文