右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(オ)305
事件名
 約束手形金請求
裁判年月日
 昭和46年6月3日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第25巻4号455頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和44(ネ)201
原審裁判年月日
 昭和44年12月24日
判示事項
 登記申請の権限と民法一一〇条の表見代理における基本代理権
裁判要旨
 本人から登記申請を委任されてこれに必要な権限を与えられた者が右権限をこえて第三者と取引行為をした場合において、その登記申請が本人の私法上の契約による義務の履行のためになされるものであるときは、その権限を基本代理権として、右第三者との問の行為につき民法一一〇条を適用し、表見代理の成立を認めることができる。
参照法条
 民法110条
全文
全文