右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和46(オ)673
事件名
 損害賠償請求
裁判年月日
 昭和48年5月22日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第27巻5号655頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和44(ネ)2821
原審裁判年月日
 昭和46年4月30日
判示事項
 代表取締役の業務執行についての取締役の監視義務
裁判要旨
 株式会社の取締役は、会社に対し、代表取締役が行なう業務執行につき、これを監視し、必要があれば、取締役会をみずから招集し、あるいは招集することを求め、取締役会を通じてその業務執行が適正に行なわれるようにする職責がある。
参照法条
 商法254条ノ2,商法266条ノ3
全文
全文