右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成1(オ)23
事件名
 家屋明渡
裁判年月日
 平成6年2月22日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第48巻2号414頁
原審裁判所名
 高松高等裁判所
原審事件番号
 昭和59(ネ)162
原審裁判年月日
 昭和63年10月31日
判示事項
 譲渡担保権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を譲渡した場合における受戻しの許否
裁判要旨
 譲渡担保権者が被担保債権の弁済期後に目的不動産を譲渡した場合には、譲渡担保を設定した債務者は、譲受人がいわゆる背信的悪意者に当たるときであると否とにかかわらず、債務を弁済して目的不動産を受け戻すことができない。
参照法条
 民法369条(譲渡担保)
全文
全文