右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 平成8(オ)1361
事件名
 通行妨害排除
裁判年月日
 平成9年12月18日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第51巻10号4241頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 平成6(ネ)2184
原審裁判年月日
 平成8年2月20日
判示事項
 いわゆる位置指定道路の通行妨害と妨害排除請求権
裁判要旨
 建築基準法四二条一項五号の規定による位置の指定を受け現実に開設されている道路を通行することについて日常生活上不可欠の利益を有する者は、右道路の通行をその敷地の所有者によって妨害され、又は妨害されるおそれがあるときは、敷地所有者が右通行を受忍することによって通行者の通行利益を上回る著しい損害を被るなどの特段の事情のない限り、敷地所有者に対して右妨害行為の排除及び将来の妨害行為の禁止を求める権利(人格権的権利)を有する。
参照法条
 民法1条ノ2,民法198条,民法199条,建築基準法42条1項5号
全文
全文