右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和31(オ)764
事件名
 契約金請求
裁判年月日
 昭和33年7月8日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第12巻11号1740頁
原審裁判所名
 福岡高等裁判所  宮崎支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和31年6月28日
判示事項
 契約が代理人によつてなされたとの主張の要否。
裁判要旨
 ある契約が甲乙間に成立したものと主張して、右契約の履行を求める訴が提起される場合に、裁判所が右契約は甲の代理人と乙との間になされたものと認定したとしても、弁論主義に反するとはいえない。
参照法条
 民訴法第1編第4章第1節,民訴法185条,民訴法186条
全文
全文