右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和35(オ)362
事件名
 株券返還請求
裁判年月日
 昭和38年10月30日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第17巻9号1252頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和34年8月14日
判示事項
 訴訟上の留置権の抗弁と被担保債権の消滅時効の中断。
裁判要旨
 留置権の抗弁は、被担保債権の債務者が原告である訴訟において提出された場合には、当該債権について消滅時効中断の効力があり、かつ、その効力は、右抗弁の撤回されてないかぎり、その訴訟係属中存続するものと解すべきである。
参照法条
 民法147条1号,民法153条,民法300条
全文
全文