右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和45(オ)536
事件名
 転付金請求
裁判年月日
 昭和45年12月24日
法廷名
 最高裁判所第一小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第24巻13号2271頁
原審裁判所名
 名古屋高等裁判所
原審事件番号
 昭和44(ネ)572
原審裁判年月日
 昭和45年3月12日
判示事項
 土地賃貸借が賃借人の債務不履行により解除された場合と借地上の建物の賃貸借の終了
裁判要旨
 土地の賃借人がその地上に有する建物を他人に賃貸した場合において、土地の賃貸借が賃借人の債務不履行により解除されたとしても、右建物の賃貸借は、ただちに終了するものではなく、土地賃貸人と建物賃借人との間で建物敷地の明渡義務が確定されるなど、建物の使用収益が現実に妨げられる事情が客観的に明らかになり、または建物賃借人が現実の明渡を余儀なくされたときに、はじめて、賃貸人の債務の履行不能により、終了する。
参照法条
 民法601条
全文
全文