右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和61(オ)1476
事件名
 損害賠償
裁判年月日
 平成5年4月6日
法廷名
 最高裁判所第三小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第47巻6号4505頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和61(ネ)1723
原審裁判年月日
 昭和61年9月29日
判示事項
 一 内縁の配偶者と自動車損害賠償保障法七二条一項にいう「被害者」
二 自動車損害賠償保障法七二条一項により死亡者の相続人に損害をてん補すべき場合に既に死亡者の内縁の配偶者が同条項によりてん補を受けた扶養利益の喪失に相当する額を死亡者の逸失利益の額から控除することの要否
裁判要旨
 一 内縁の配偶者は、自動車損害賠償保障法七二条一項にいう「被害者」に当たる。
二 自動車損害賠償保障法七二条一項により死亡者の相続人に損害をてん補すべき場合において、既に死亡者の内縁の配偶者が同条項により扶養利益の喪失に相当する額のてん補を受けているときは、右てん補額は、相続人にてん補すべき死亡者の逸失利益の額からこれを控除すべきである。
参照法条
 自動車損害賠償保障法72条1項
全文
全文