右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和26(ク)109
事件名
 調停に代わる裁判に対する抗告についてなした棄却決定に対する再抗告
裁判年月日
 昭和35年7月6日
法廷名
 最高裁判所大法廷
裁判種別
 決定
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第14巻9号1657頁
原審裁判所名
 東京高等裁判所
原審事件番号
 昭和25(ラ)203
原審裁判年月日
 昭和26年6月5日
判示事項
 純然たる訴訟事件につきなされた調停に代わる裁判の効力。
裁判要旨
 戦時民事特別法第一九条第二項、金銭債務臨時調停法第七条に従い、純然たる訴訟事件についてなされた調停に代わる裁判は、右第七条に違反するばかりでなく、同時に憲法第八二条、第三二条に照らし違憲たるを免れない。
参照法条
 戦時民事特別法19条,金銭債務臨時調停法7条,憲法32条,憲法82条
全文
全文