右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和32(オ)303
事件名
 貸金請求
裁判年月日
 昭和35年2月19日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第14巻2号250頁
原審裁判所名
 大阪高等裁判所
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和31年12月20日
判示事項
 民法第一一〇条の基本代理権が認められないとされた事例。
裁判要旨
 勧誘外交員を使用して一般人を勧誘し、金員の借入をしていた会社の勧誘員甲が、事実上長男乙をして一切の勧誘行為にあたらせて来たというだけでは、乙を甲の代理人として民法第一一〇条を適用することはできない。
参照法条
 民法110条
全文
全文