右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(オ)133
事件名
 家屋一部明渡請求
裁判年月日
 昭和35年2月12日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 破棄差戻
判例集等巻・号・頁
 民集 第14巻2号223頁
原審裁判所名
 仙台高等裁判所  秋田支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和32年12月2日
判示事項
 自白の取消にあたらないと認められた事例。
裁判要旨
 所有権に基く家屋明渡請求事件において、被告が、正権原として、はじめ使用貸借の存在を主張し原告がこれを認めた後に、被告が、右主張を撤回し家屋の前所有者との間に賃貸借が存し原告はこれを承継したものであると主張するにいたつたとしても、これを自白の取消ということはできない。
参照法条
 民訴法232条,民訴法257条
全文
全文