右メニューへスキップ  メインコンテンツへスキップ(スクリーンリーダーをご利用の方、キーボード操作の方のアクセシビリティ向上のため設置)


メニューを飛ばす


裁判所トップページ > 裁判例情報 > 検索結果一覧表示画面 > 検索結果詳細画面


検索結果詳細画面

検索結果詳細画面

事件番号
 昭和33(オ)235
事件名
 家屋明渡等請求
裁判年月日
 昭和36年6月23日
法廷名
 最高裁判所第二小法廷
裁判種別
 判決
結果
 棄却
判例集等巻・号・頁
 民集 第15巻6号1680頁
原審裁判所名
 広島高等裁判所  岡山支部
原審事件番号
原審裁判年月日
 昭和32年12月16日
判示事項
 民法第六〇二条の期間を超える抵当権物賃貸借の抵当権者兼競落人に対する効力。
裁判要旨
 民法第六〇二条所定の期間を超える建物賃貸借は、抵当権の登記後に成立したものであるときは、これを登記しても、右期間の範囲内においてもこれをもつて抵当権者兼競落人に対抗し得ない。
参照法条
 民法395条
全文
全文